ホンダ「S660」は、いったい何がスゴいのか

26歳の責任者が開発した新世代スポーツカー

(写真:ホンダ提供)

回春剤。誤解を恐れずにいうなら、ホンダが鳴り物入りで発表した軽スポーツカー「S660」はまさにそれだ。誰にとってか?といえば、このクルマに乗る人だけではなく、ホンダという企業にとっても、である。

20代の開発責任者

発売に先んじて、限られたジャーナリストにのみプロトタイプに試乗する機会が与えられた。その記者発表の際に登壇したのはなんと26歳という若さの開発責任者(LPL)、椋本陵氏だった。単に商品企画を取りまとめるトップが若いというだけではなく、どことなく行き詰まっているように見えたホンダが、「S660」を開発することで復活する糸口を見つけられるのではないか、という気がした。

ハッキリ言って、はじめに椋本氏がLPLとして紹介されたときには驚いた。失礼を承知でいえば、弱冠26才の若者にLPLが務まるはずはない、と思った。3万点ともいわれる部品をとりまとめて1台のクルマにするためには、それなりの経験を経てわかることがあるからだ。

本人は「クルマ好きのヲタク」を自称しているが、今の若者らしい爽やかさを備えていて、とてもヲタクには見えない。論客のジャーナリストがずらっと並んだ記者発表の場で、入社して数年という若者が胸を張って「クルマ好きです!」と主張する姿は無謀にも思えるが、同時に頼もしくも映る。

思い切って、椋本さん本人にその疑問を投げかけてみると、こんな答えが返ってきた。

「元々はモデラーで、研究所創設記念の新商品として提案した軽自動車のスポーツカーが採用されてLPLになりました。”クルマ離れ”と呼ばれる世代ですが、その世代からクルマの楽しさをストレートに提案したいと思ったのです。20代の私にLPLの重責を担えるかという疑問は当然だと思いますが、幸いボディやエンジンといった各部門をまとめるPLに経験のある人たちが手を上げてくれました。スポーツカーを作りたいと、自ら手を上げた人たちばかりですから、ちょっとしたことでもすぐに集まってホンダの伝統である「ワイガヤ(ホンダの社内用語で「集まってワイワイガヤガヤと議論をする」という意味合い)」をして解決しよう!と団結できました」

次ページ若手を支えたベテランたち
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。