アップルが「高齢者にiPad」を推進するワケ

日本郵政との提携に隠された狙い

「高齢者にiPad」という新市場はあるのか?(写真:Irodori/PIXTA)

もはや、これ自体はニュースではない。アップルが4月27日に発表した、2015年第2四半期決算は好調だった。ホリデーシーズンを含む第1四半期と比較して、例年大きく落ち込む四半期であるにもかかわらず、iPhoneとMacの好調さから、前年同期比で売り上げが約25%も伸びる決算となった。

その一方で、主力製品ラインの中で落ち込み続けているのがiPad。ここ数四半期、その対策が課題となっていた。その対策として、白羽の矢が立てられたのは日本市場だった。こちらがニュースといえる内容だ。

中国市場がアップル成長の牽引車に

まず好調な決算からみていこう。アップルの2015年第2四半期の決算は、売上高は561億ドルの事前予想に対して、580億ドルという結果だった。これは前年同期比で24.4%の増加となり、1株あたりの利益も2.33ドルと、前年同期の1.66ドルを上回っている。

その牽引役は、第1四半期よりも売り上げを伸ばした唯一の市場である中国(大中華圏)だ。米国や欧州は例年どおり、第2四半期は第1四半期よりも落ち込んだ。

次ページなぜ中国市場が伸びたのか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。