要注意!日本の医療保険は看板に偽りあり

医療保険の実態とは?

(写真:naka/PIXTA)

医療保険はいらない。この考え方が少しずつ広まっているようです。なぜなら、日本では国の健康保険制度により、すでに誰もが医療保険に入っていることが理解されてきたからです。日本の健康保険制度はかなり手厚いもので、長期入院や高額医療で治療費がかさんでも、患者の自己負担は高額療養費制度によって上限が抑えられています。ですから、「治療費」そのものは国の健康保険で充分に保障されています。

保険会社はもちろん、このことをよくわかっていますので、「治療費」のための保険を販売する余地がありません。そこで、入院したら1日につきいくら払うといった医療保険モドキを開発し、それを「医療保険」の名前で販売してきたのです。

医療保険の実態は「差額ベッド保険」「所得保障保険」

保険会社はこれまで「入院したら差額ベッド費用がかかりますよ」と説明して医療保険を売ってきました。治療費を保障するわけではありませんから、正しくは「入院時差額ベッド費用保険」と呼ぶべき保険だったのです。差額ベッドは治療そのものとは直接関係のない、いわば「かかる費用」でなく「(自分で)かける費用」です。その意味では一種のゼイタクであるということが、近年、理解され始めましたので、この話法は通用しにくくなりました。

そこで保険会社は、長期入院の場合に起こりえる「収入の減少」に話法のポイントを移し始めました。たしかに病気やケガで長期の入院生活を余儀なくされると、自営業者の人ならたちまち仕事を失いかねません。サラリーマンでも会社がその間の給与を補償してくれなければ、やがて収入が途絶えてしまいます。誰でもがこのリスクにさらされていることは確かです。

しかし、この場合に担保されるのは「減少する収入」ですから、医療保険でなく実態は「所得保障保険」や「就業不能保険」のようなものです。しかし、ここでも医療保険が「所得を保障する」という話法で売られています。

次ページ所得保障として本当に機能しているのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。