新社会人のための、生命保険の「正しい断り方」

効果テキメンの"殺し文句"を使おう

「正しい保険の断り方」とは?(写真:Kozi / PIXTA)

連載の第1回で「新入社員は保険に入るな!:新社会人保険3カ条」を書きました。4月という季節柄、多くの人たちに読んでもらえたようです。

その際読者から、「保険に入るな」というのなら、もう少し具体的に保険を断る際にどのように話をするべきか、という点も書いて欲しかった、とのコメントをいただきました。新入社員は実は、保険営業員の恰好のターゲットです。右も左も分らないうちに保険に入れてしまおう、と虎視眈々と狙われているのです。断るのは簡単ではない、と思っている人が多いようです。

「保険の断り方」をネット検索してみると、実に多くの断り方が見つかります。ただ、通り一遍の断り方では、ベテラン営業員から逆襲されるのがオチです。そこで今回は、私なりの「正しい保険の断り方」を考えてみたいと思います。さまざまな断り方がありますが、ここでは両極端と思われる2つをご紹介しましょう。

もちろん未来永劫、保険を断れ、という訳ではありません。あくまで、社会に出たての新人時代、拙速な決断をしないように、という思いからです。

「ウソも方便」の断り方

「実は親戚に生命保険の営業員がいるので……」

これは大変効果的な断り文句です。

全国津々浦々、保険会社の営業網が張り巡らされています。保険の勧誘を受けずに済む静かな場所は、なかなか見当たりません。ところが、実はひとつだけ安全地帯があります。それが「保険会社」なのです。私は長い間保険会社で働きましたが、他の保険会社からシツコイ勧誘を受けたことがありません。

週末自宅にいると「ピンポーン」と保険セールスが訪問してきます。しかし「保険会社で働いている」と話すと、直ぐに諦めてくれます。ですから確かに、冒頭のような断り文句は効果絶大です。

この話法は、実際に保険会社に勤めていなくても使えます。「ウソも方便」という訳です。似たような断り方には、こんなものも考えられます。

次ページほかにもある、「ウソ」による断り方
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。