AppleWatch、使って3日目に分かったこと

要するに「iPhoneとの付き合い方」が変わる

筆者のApple Watchはステンレススチールのスタンダードモデルだ

4月24日に、Apple Watchが発売された。店頭のわずかな在庫を用意していた店舗もあり、多少の行列ができた。とはいえ、大半はオンラインでの予約販売だったこともあり、アップル製品にしては落ち着いた発売となった。

Apple Watchは同社初のウェアラブルデバイスでiPhoneと連携するスマートウォッチに分類される。アルミニウムのApple Watch Sport、ステンレススチールのApple Watch、18金ゴールドのApple Watch Editionと、3つの素材で作られた同じデザインの腕時計だ。

サイズは38mmと42mmの2つのサイズ、そして様々な表情を見せる交換バンドのコレクションが用意され、価格は米国では349ドルから、日本円は円安の影響もあり、4万2800円から(税抜)とやや割高に感じられる。

アップルらしからぬ多彩な選択肢

iPodは、結果的にファッションアイテムになった。特にあの白いイヤフォンは、それまで黒ばかりだったオーディオケーブルの常識を一新すると同時に、街で見かけると「iPodで音楽を聴いている」ということが周囲に瞬時に伝わるというメリットもあった。

しかしApple Watchは、2つのサイズ、3つのコレクションとこれに十数種類のバンドの組み合わせがあり、今までの1モデル1デザインだったプロダクトとは一線を画している。今までは、「iPhoneやMacを買うかどうか」という判断だったが、Apple Watchはその次に「どれを買うか」という選択が待っている。

次ページバンドで個性を表現できる
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。