サムスン、腕時計端末新機種の投入を示唆

アップルに対抗して「Gear」を刷新

 4月24日、サムスン、腕時計型端末「ギア」新機種投入を示唆

[ソウル 24日 ロイター] - 韓国サムスン電子は24日、公式ブログに新型の腕時計型端末の写真を掲載し、「Gear(ギア)」の新機種を投入する可能性があることを示唆した。この日は米アップルが「アップルウオッチ」の発売を開始している。

サムスンが写真を掲載した腕時計型端末は、情報を表示する文字盤に当たる部分が円形になっており、同社としては初めてのデザインとなる。

サムスンは新型端末のパートナー企業として、中国ネット検索大手の百度(バイドゥ)、飲食店などの検索・評価サイトを手掛ける米イェルプのほか、米CNNなど数社を挙げているが、発売時期など、詳細については明らかにしていない。

サムスンは2013年以来6機種の腕時計型端末を投入。ただ販売状況は思わしくなく、調査会社IHSの推計によると、2014年の世界全体の腕時計型端末販売個数360万個のうち、サムスン製は約100万個だった。

IHSはアップルがこの日に販売を開始した「アップルウオッチ」について、2015年の出荷は1900万個を超えると予想している。

*カテゴリーを変更して再送します。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。