AppleWatchは「iPhoneからの出口戦略」だ

iPhoneと連動せずに動くアプリに注目

こちらが「AppleWatch Sports」

アップルはApple Watchを4月10日から予約を開始し、Apple Storeに加えて世界各国の選ばれた高級スーパーでの展示を始め、4月24日に発売する予定だ。
すでにさまざまな報道があるので、価格を軸にサマライズしておこう。購入を検討する場合に、ここがもっとも注目されるポイントのはずだ。

最安値モデルは4万2800円

アルミニウムケースを用いたカジュアルモデルの「Apple Watch Sports」は、エラストマーのスポーツバンドが付属しており小型の38mmモデルが4万2800円(税別、以下同じ)。これが最安値だ。

フラッグシップモデルである「Apple Watch」は、スポーツバンドとの組み合わせで38mmモデルが6万6800円、42mmモデルが7万1800円となる。レザー、リンクブレスレットなど、バンドに応じて11万9800円までの価格幅がある。ブラックステンレススチールを用いたモデルはリンクブレスレットのみが設定され、38mmモデルが12万6800円、42mmモデルが13万2800円だ。

高級感のある「Apple Watch Edition」は、専用バックルを備えたスポーツバンドとの組み合わせが38mmモデルで128万円、42mmモデルが148万円。最高価格になるのは18金38mmとモダンバックルを組み合わせたもので218万円におよぶ。アップル史上、もっとも高価なガジェットだ。バリエーションの多さという点でも、アップル史上最多といえる。

次ページバンドは5800円から5万4800円まで
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
憲法改正の争点<br>自衛隊の明記をめぐり論争始まる

「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と、安倍首相が5月3日に突如表明。2020年の新憲法施行を目標に自民党は動きだした。改憲は本当に必要か、論点を整理する。