米無人機攻撃で人質が2人死んでいた

オバマ大統領「遺族に深く謝罪」

 4月23日、米当局は、1月にパキスタンで行ったアルカイダへの無人機攻撃で、米国人とイタリア人の人質が死亡したと明らかにした。死亡した米国人人質の自宅前に手向けられた花、メリーランド州で撮影(2015年 ロイター/Gary Cameron)

[ワシントン 23日 ロイター] - 米当局は23日、1月にパキスタンで行った国際武装組織アルカイダに対する無人機攻撃で、米国人とイタリア人の人質2人が死亡したと明らかにした。オバマ大統領は会見で、対テロ作戦の全責任は自分にあるとし、「遺族に対して深く謝罪する」と述べた。

また、こうした問題が再び起きないよう、調査を指示したと明かした。

死亡したのは2011年にアルカイダに拘束された米国人のウォーレン・ワインスタイン氏と、2012年にパキスタンで行方不明になったイタリア人のジョバンニ・ロポルト氏。

米当局に反逆罪で起訴されていた米国人のアルカイダ構成員も、この攻撃の5日後に行われた別の作戦で死亡したという。

今回の人質死亡は、パキスタンやアフガニスタンなどで長年実施され関係国や米人権団体から強い批判を受けてきた無人機攻撃には、後退材料となる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。