"27歳女子"に企業の熱視線が集まる理由

今こそモヤモヤを捨てキャリア戦略を!

28歳の女性が集まって開いた「朝会」の様子。これからのキャリアについて早朝から真剣に語り合った

多くの企業にとっていま、“27歳女性”はのどから手が出るくらいの存在だ――。

主婦のパートタイム派遣事業などを展開するビースタイル社長の三原邦彦氏はこう話す。なぜ27歳なのか。「新卒入社して5年。それなりの実務経験を積んでいる。そして結婚もしていない(東京都の女性の平均結婚年齢は29.9歳)。

つまり、時間の制約なく働くことができて一人前に仕事がこなせる層、それが27歳なんです」。

政府は「2020年までに指導的地位に女性が占める割合を30%以上にする」という目標を掲げている。だが、企業内にはもちろん、現在の労働市場にも管理職を務められるような女性はわずかだ。

そこで、企業の間では優秀な若手を中途採用して、将来の管理職として育てようという機運が高まっている。管理職予備軍としても、“27歳女子”は企業にとって貴重な人材なのだ。

女性にとってもベストタイミング

女性の新しい"はたらきかた"についての詳細は、週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」(好評発売中)をご覧下さい

企業ばかりでなく女性自身にとっても、“27歳”はキャリアを考えるうえでもっとも重要な時期だ。

結婚・出産前で柔軟に動きやすいうえ、「いまの会社でキャリアを継続、発展させることができるのか」という就職活動時とは違った視点で、自分の仕事を見つめ直すことができる。

そして、「この会社で働き続けることは難しい」と判断し転職を決断した際にも、新しい職場で出産まで約3年の準備期間がある(初産年齢の全国平均は30.4歳)。

出産前に社内で“信頼貯金”を蓄積しておけば、出産後もスムーズな復職が見込める。

次ページ27歳からの10年後を見据えた転職とは
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。