いま、「物語に基づく医療」が問われている

海と医学、関係なさそうで大いに関係あり

この写真で600字……。順天堂大学医学部入試の小論文試験問題です(大学入試センター試験利用)

先週紹介した「コートの男」に続き、もう一題、順天堂大学医学部の「写真で出題される」小論文試験問題の内容を再考してみたい。今回の写真はこれだ。右側に森林が長く連なり、左側に海が広がる。遠くのほうには、日が差しているのが見える。そして問いが以下のように続く。

「写真は下記の言葉を添えて出版されています。詩の内容をふまえて、あなたが海辺に腰かけて思うことを600字以内で述べなさい。The sea belongs to whoever sits by the shore」

英文をおおまかに意訳すると「浜辺に座る者が誰であろうと、海は寄り添ってくれる」という具合に解釈できよう。

「海が寄り添ってくれる」をどう解釈する?

さて、これで何を書くか。いや、何が書けるのか。写真を見て私が瞬間にひらめいたテーマは、2つある。1つめは、学生時代に接したニュートンが記した英文に関することである。

I was like a boy playing on the sea-shore,and diverting myself now and then finding a smoother pebble or a prettier shell than ordinary,whilst the great ocean of truth lay all undiscoverd before me.
「私は海辺で戯れる子どものような存在だった。時になめらかな小石やきれいな貝殻を見つけはしゃいでいたにすぎなかったのだ。真理の大海原はその間も、すべてが未発見のまま、私の眼前に広がり続けていたのだ」

 

著名なニュートンの名言は、未発見の自然科学上の真理を眼前の大海原にたとえたものであり、写真の内容と符合する。医学も自然科学の一類型である以上、このアプローチはありだと思う。

しかしながら、“海が寄り添ってくれる”という和訳と小論文の方向性は微妙にズレているのである。そこで考えられるもう1つのアプローチが、現在声高に主張され始めた「寄り添う医療」という観点である。

次ページ寄り添う医療 VS 寄り添わない医療
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。