ベネッセも参戦、「エドテック」は花開くか

大資本からベンチャーまでプレーヤーが乱立

発表会見で握手を交わす、ベネッセの原田会長兼社長(左)とユーデミーのデニス・ヤンCEO(撮影:風間仁一郎)

4月末、EdTech(エドテック)分野の“黒船”が日本市場に本格参入する。その名はユーデミー。全世界で600万人以上の受講者を抱える、世界有数のオンラインサービス企業だ。

エドテックとは「教育」と「技術」を組み合わせた造語で、要はオンラインを活用した教育サービスだ。2000年代後半以降、大学の講義などをオンラインで無料公開するMOOC(ムーク)が欧米などで広まったことから、注目を集めている。

ユーデミーもその1つで、2011年にサービスを開始。特長は、大学教授など教育のプロがB to Cでサービスを提供するムークとは異なり、専門知識を持つ一般人がそのノウハウを提供するC to Cのモデルという点だ。同社はこの分野で世界最大規模を誇る。

ターゲットは社会人

日本本格参入に当たりパートナーとなるのが、「進研ゼミ」などを展開するベネッセホールディングス。ユーデミーがプラットフォームなどを提供する一方、ベネッセはコンテンツの提供や利用者へのサポートなどを担う。

想定するメインターゲットは、ずばり社会人。幼児・学生向けも展開するが、語学やIT、スキルアップ系など大人向けのコンテンツを中心に、約300講座でスタートする。価格は0円から講師が自由に設定できる仕組みだ。

ベネッセの原田泳幸会長兼社長は「これまでの当社のサービスは、大学卒業からシニアまでの間をあまりフォローしてこなかった。そこを埋める意味でも、今回の提携は当社の事業ポートフォリオに資する部分が大きい」と語る。

次ページ国内市場はどうなっているのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。