最新「CSR企業ランキング」業種別トップ20

ハイレベルな電機、サービスは電通が首位

東京・汐留の電通本社

信頼される会社を、複数のデータから見つけるCSR企業ランキング(総合)。先日紹介した総合ランキング部門別ランキングに続き、今回は「所属業種別から見たランキング」をお届けする(金融・未上場を除く。同業種は別途発表予定、ポイント算出方法など、ランキングについての解説はこちら)。

総合ランキングは大手の製造業が上位となりやすい。ただ、CSR活動は業種・業態により行える内容の差も大きい。そのため、各企業のCSRの取り組みを評価する際は全体だけでなく業種ごとに見ていくことも必要だ。そこで、今回はいくつか業種をまとめた形の上位20社をご紹介する。

まず各業種のトップをまとめた。総合ランキングの上位企業が多いものの59位大日本印刷、136位三菱地所、91位電通はトップ50に入っていない。ただ、これらは業種による差のためで各トップ企業はCSR先進企業と判断してよい。

こうした違いを考慮した上で、各業種を見ていこう。

次ページまずは水産/農林/鉱業/建設業、食料品、繊維製品
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。