子持ちがシリコンバレーで働きにくいワケ

ヤフーでは全社員の在宅勤務が禁止に

フェイスブックの元CTOで、クイップの共同創設者ブレット・テイラーと子供たち。彼は従業員に義務感を与えないためにも午後5時半に退社する(写真:Jason Henry/The New York Times)

シリコンバレーのIT企業では、社内でドライクリーニングやマッサージ、ヘアカットが無料なのは今や当たり前。しかし、充実した福利厚生の一方で、ほかの業界よりはるかに働きづらいと感じる社員もいる──それは小さな子どもを持つ親だ。

フェイスブックでは徹夜でハッカソンを行い、グーグルでは週末にレーザータグ(光線銃サバイバルゲーム)の大会を開く。育児休暇の制度がまったくないスタートアップも多く、社内で初めて親になった社員が、会社に制度を作ってほしいと訴える。

ヤフーのマリッサ・メイヤーCEOは自ら宣言したとおり、出産から2週間で職場に復帰。その後、ヤフーは全社員の在宅勤務を禁止した。20人ほどのチームのなかで、小さな子どもがいるのは自分だけという場合も珍しくないと、子育てと仕事を両立させている人々は語る。

妊娠や産休を理由に昇進を認められなかった例も

このところ、シリコンバレーで社員の子育てをめぐる問題が改めて注目されている。有力ベンチャーキャピタルのクライナー・パーキンス・コーフィールド・アンド・バイヤーズの性差別をめぐる裁判で、2人の元パートナーが、妊娠や産休を理由に昇進を認められなかったと証言した。フェイスブックを提訴した元技術系社員は、子どもの学校のボランティア活動に参加するため、会社で認められている月1日の休暇を取った際に、上司から叱責されたと主張した。マイクロソフトは業務委託先の業者に、病欠を有給として認める制度を義務づける方針を発表した。

「(IT業界の)文化は必ずしも家族に優しくないが、その点がなかなか理解されていない」と、フェイスブックの元CTOで、クラウドベースの文書作成アプリを提供するQuip(クイップ)の共同創設者、ブレット・テイラーは言う。

テクノロジーだけでなく職場環境でも最前線を走るシリコンバレーで、子どもを持つ親がこれだけ厳しい立場に置かれているという現実は、米経済の厄介な問題を浮き彫りにしている。米国は裕福な国のなかでも、とりわけ現代の家族生活への対応が遅れているのだ。

次ページ「仕事=人生」が当たり前
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。