奇跡?「DeNA」が首位に立っている理由

「見かけの戦力」よりも、大事なものがある

阪神3連戦に3連勝し、スタンドの声援に応える中畑監督(9日の横浜スタジアム、スポーツニッポン提供)

セ・リーグは昨年のAクラスとBクラスが反対に

プロ野球は4月12日、セ・パ両リーグとも全カードひと回りの対戦を終えた。

パ・リーグは日本ハムが10勝3敗で首位を快走し、優勝候補の呼び声が高かったオリックスがなんと2勝12敗…。まだ4月中旬というのに8.5ゲームもの大差がついている。

一方のセ・リーグは首位から6位までわずか3.5ゲーム差。1週間後はどうなっているかわからないが、現在の順位は面白いことになっている(成績はすべて4月12日現在)。

① 中  日(昨年4位) 9勝6敗

① DeNA (昨年5位) 9勝6敗

③ ヤクルト(昨年6位) 8勝7敗

④ 巨  人(昨年1位) 7勝8敗

⑤ 阪  神(昨年2位) 6勝8敗

⑥ 広  島(昨年3位) 5勝9敗

昨年のAラスとBクラスがそっくり入れ替わっているのである。

走り出しながら戦力、戦い方を整えていく序盤のつばぜり合い。昨年の上位球団はそれぞれ苦労している。

巨人はFA(フリーエージェント)で獲得した捕手の相川が開幕早々に右太腿肉離れで離脱。2年目の小林にマスクを託すのかと思ったら、一塁へコンバートしたばかりの阿部を3日の阪神戦(東京ドーム)から捕手に戻した。なりふり構わぬ危機対応。新人の高木勇人3勝、2年目の田口麗斗1勝と新戦力投手の大活躍もあって借金1で何とか踏み止まっている。

阪神は開幕の中日3連戦3連勝と最高のスタートを切りながら、その後は6連敗を喫するなど3勝8敗と失速。開幕から1番で遣い続けた鳥谷を12日の広島戦(甲子園)で今季初めて3番で起用し、そのキャプテンの逆転2ランでようやく連敗から脱出した。

次ページセの上位3球団には、うれしいプラス材料が満載
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
異色対談 伊藤邦雄×村上世彰<br>ROE8%達成で日本を変えろ

ROE8%達成を求めた企業統治改革の指針「伊藤リポート」で知られる伊藤邦雄教授。企業と敵対し、社会に拒絶された「村上ファンド」の村上世彰元代表。両者に相通ずるものとは?