なぜ工藤監督は、茶髪もガムも禁止するのか

メジャー帰りの松坂投手も特別扱いしない

松坂投手を出迎える工藤公康ソフトバンクホークス監督。新監督が打ち出した意外な方針とは?(写真:河南真一)

ソフトバンクホークスの評判がすこぶるいい。キャンプ、オープン戦を通じて順調な仕上がりをみせるチームを率いるのは工藤公康監督だ。

工藤監督が打ち出した「意外な方針」とは?

昨季日本一の「ディフェンディングチャンピオン」にスター監督誕生で、たちまち〝パ・リーグ熱〟は沸騰点に達したようだ。

その手綱さばきに注目が集まるが、新監督がまずもって打ち出した方針は、技術向上でなく、意外にも規律を遵守することだった。

新生ホークスでは「茶髪」「ガムかみ」「つばはき」「ネックレス」はNGになった。その理由を問われた指揮官の答えは明解だった。

工藤監督は「ぼくがユニホームを脱いだ後の3年間で学んだ大事なことです。プロ野球選手である前に社会人ですから」といって説明を加える。

「サラリーマンが営業にいったときに茶髪だと、先方さんの印象が違うじゃないですか。会社でガムをかみながらパソコンの画面に向かっているのもどうかと思います。つばを吐くのも、ユニホームからネックレスがでるのも、みっともないです。できればヒゲもそろえてほしい」

次ページ現役を引退して、ようやくわかったことがある
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。