動画速報!ドバイワールド杯、日本馬は惨敗

世界最高賞金600万ドルを勝ち取ったのは?

提供:ロイター(音量にご注意ください)

3月28日21時(日本時間の3月29日2時)、UAE(アラブ首長国連邦)のドバイ・メイダン競馬場にて、世界最高賞金(総額1000万ドル、1着が600万ドル)を誇るワールドカップが行われた。優勝したのは地元UAEの「プリンスビショップ」だった。

9頭が出走した同レースに日本馬は2頭参戦。幸英明騎手騎乗の「ホッコータルマエ(2番)」(西浦勝一調教師)は5着、クリストフ・スミヨン騎手騎乗の「エピファネイア(8番)」(角居勝彦調教師)は、最下位に沈んだ。2011年のヴィクトワールピサ勝利以来の日本馬2頭目の勝利は叶わなかった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。