32歳ニートがサラブレッド牧場に賭ける夢

都会の「若き就職難民」を地方で救えるか

都会への人材流出で、若手労働者の不足に悩む地場産業の経営者は多い。1人でも多くの若者に来てほしいと、自治体の中には「ウチの町に就職してくれたら、家付き車付きを保証します」などという太っ腹な地域も存在する。それほどまでに地方の各自治体にとって、若者の労働力確保は死活問題だ。
一方で、都会には「働きたいがやりがいある仕事にめぐり合えない若き就職難民」は少なくない。TBSテレビはそんな両者の出会いを応援し、地域活性化を狙うプロジェクトを始動した。題して「お仕事版お見合い大作戦」。これまで全国24カ所で行われ、370組以上のカップルが成立、そのうち48組がめでたく結婚ゴールインを決めた「ナイナイのお見合い大作戦」をベースに企画した「お見合い大作戦特別編 ナイナイのウチの村で働きませんか?」だ。その中で、1月21日(水)よる7時56分からの本編放送にも収録されている、32歳男性の挑戦を紹介しよう。
親の定年退職を機に一念発起した薮内豊さん

時代を彩る数多くの名馬を産出した、サラブレッドの郷・北海道日高町。シンボリルドルフ、ミホノブルボン、ゴールドシップ――。競馬に詳しくない人の間でも知られているこれらの名馬たちは、すべて日高出身である。

広富牧場は、日高町でそんなサラブレッドを育てる「生産牧場」の一つだ。サラブレッドの種付けや出産に加え、デビュー前の仔馬を預かり、人に慣れさせるなど競走馬としての資質を養う上で最も重要な役割を担う。

筋金入りのニートが極寒の地で働く?

2014年の暮れ。極寒のこの地にある広富牧場で働きたい人を対象にした3週間の研修に、ある32歳の男性が応募してきた。薮内豊さん。日高町に縁もゆかりもない都会に暮らす人物だ。彼が特異なのは「ニートひと筋32年」という経歴。学校卒業後の10数年、定職にも就かず実家でずっと親に食べさせてもらう日々を続けてきたという筋金入りの「ニート君」である。

ニートとは「Not in Employment, Education or Training」の略で、「15~34歳の非労働力人口のうち、家事も通学もしていない者」と定義される。厚生労働省「若者雇用関連データ」2014年や総務省の「国勢調査」などによれば、日本国内のニートは現在約60万人で、首都圏の1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)だけで実に10万人を超える。

だが、ニートのすべてが働く気がない者たちばかりかというと、決してそんなことはない。2008年に横浜市が市内在住の15~34歳のニートおよそ750人を対象に労働意欲に関する調査をしたところ、8割を超す者が「就職を希望する」と回答。就労意欲の無い者は少数派だということが分かった。彼らニートは決して「働く気がない」わけではなく「働きたいけど働けない」のがおおかたの事情なのである。

次ページ一念発起した32歳ニートに訪れた試練
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。