ツイッターを複数使い分ける、若者の本音

さとり世代に「二十面相」が増加中?

若者たちの意外なツイッター使い分け術とは?(写真:IYO / Imasia)

2014年12月10日、インスタグラムは、ユーザー数が3億人を突破したと発表しました。サービス開始から4年あまりで、ツイッターの利用者数2億8400万人を超えたそうです。

世界中でスマホが普及し、日常的に若者たちが写真を撮るようになり、写真を手軽にアップできるインスタグラムは、こうした世界中の若者たちのニーズをつかんで躍進しています。2012年の4月にフェイスブックが約7億ドル(約830億円)を投じてインスタグラムを買収したのもうなずけます。

日本の若者の間でもインスタグラムは、もはや主流のソーシャルメディアとなっていますが、日本ではまだまだツイッターも健在。若者にとっても重要なソーシャルメディアのひとつです。

ただ、この数年で、日本の若者たちのツイッターの使い方にも変化が表れているようです。今回は、筆者が主催する若者研究所の現場研究員たちが、若者たちの今どきのツイッターの使い方についてレポートしてくれます。

2つのツイッターを使い分ける若者の本音

今回レポートする若者研究員たち。写真上段左より梅田一平(早稲田大学5年)、大関沙織(横浜国立大学4年)、竹内里加子(大正大学3年)、下段左より尾崎志帆(桃山学院大学2年)、池増佳奈子(桃山学院大学1年)、西田希帆(桃山学院大学2年)

今、多くの若者が、ツイッターのアカウントを複数持つようになっている。メインの公にしているアカウント以外は、若者たちの間で“裏アカ(裏アカウント)”と呼ばれている。今回は、それらを器用に使い分けている若者の実態をレポートする。

Aくんは、大阪府の大学に通う1年生。大学入学とともに地元の山形を離れ、ひとり暮らしをしている。彼は2つのツイッターアカウントを使い分けている。

ひとつは、Aくんが高校生のときに作ったメインアカウントだ。こちらのフォロー数は481、フォロワー数は411。カギはかけず(=非公開設定にしない)、誰でも見られる状態にしている。

つぶやく内容としては、日常を面白おかしく伝えるような、笑いを取りにいくものが多い。たとえば、「彼女に言われたい言葉は『バカなの~??』に決まってんだろ! 彼女いないけど」といったように、自分に彼女がいないことをネタにしたり、街で耳にした見知らぬ人の会話を面白おかしく伝えたりしている。

次ページ受け狙いのキャラと、本当のキャラ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。