ガンホー社長が語る、パズドラ"長寿"のコツ

国内3400万ダウンロード突破、次の一手は?

パズドラの爆発的ヒットに目を奪われがちだが、森下一喜社長には確固たる経営哲学がある
2012年にリリースしたスマートフォンゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」の爆発的ヒットで、急成長を遂げたガンホー・オンライン・エンターテイメント。ただ、サービス開始から3年が経過し、直近の決算は前年同期比で2四半期連続の減収減益。これまでの成長にも陰りが見え始めた。今後の戦略をどう描くのか。森下一喜社長に聞いた。

 

――パズドラも3周年を迎え、ピークアウトが見え始めている。

国内で3400万ダウンロードを突破し、スマホを持つ2人に1人が遊んでいる計算になる。国民的タイトルとして、高位安定を維持していくことが一番重要だ。課金率や1人当たり売上高が少し下がっていると指摘されることもあるが、気にしていない。

スマホのビジネスが儲からなくなって崩れると、多くのIT企業は一気に離れていくと思う。でも僕たちはゲームしかできないから、やり続けるしかない。自分たちで生み出した「パズドラ」というキャラクターを、世代を超えてつなげていきたい。

よくキャンプファイアーにたとえて言うが、薪を燃やそうと思えば燃やせる。すごい勢いで火が上がっても、それでは短命化する。燃え過ぎたら薪を少し控えるとか、適度にコントロールすることが長期運営の秘訣。過去の経験からそう思っている。

――業績を維持するための施策は?

目先の数字が大事なことはよく分かる。本当にゲームというものに愛がないなら、平気で一気に収益を上げようとするだろう。でも「何で顧客単価が上がらないんだ?」なんて話は、社内でいっさい出てこない。逆にかなり上がると、「じゃあ、ちょっと落とそう」となる。

「グーッと長く続けたい」

僕は経営哲学として、短期的な収益を追うよりも、長期的なブランド育成を考えている。どちらがいい悪いではなく、僕たちの思いなので。バーンと売り上げを増やすよりも、グーッと長く続けたい。スマホに限らず、プラットフォームを超えて、続けることが重要だ。

おそらく5年後には、スマホとは違う新たなプラットフォームに入れ替わっているかもしれない。でも僕らは、家庭用ゲームも作れるし、スマホゲームもPCオンラインゲームも作れる。別に何が来てもあまり困らない。

――パズドラの人気をどのように持続していくのか。

よく「プロモーションの山を作る」と言われるが、僕は「山は作るな、山脈を作れ」と言っている。

山を点とすると、それを線で繋ぐイメージ。たとえば4月に、任天堂とコラボレーションした「パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズエディション」をニンテンドー3DS向けソフトとして発売する。これも僕らにとっては線でつなぐプロモーションの一環だ。

スマートフォンを持たない方々や、すでに遊んでいる人たちにも、今までと違った形でパズドラを遊んでもらえる。特に将来、ゲームを遊んでもらえそうな子どもたちに安心して触れてもらいたい。だから家庭用ゲームにもこだわる必要がある。

次ページスマホをどう位置づけるか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。