結婚13年、育ちの悪い夫の実家と絶縁状態に

下品な嫁ぎ先への嫌悪感をどうすればいいか

夫は末っ子で甘やかされて育ったためか、実家の家族と正面からぶつかろうとしません(写真:irodori / Imasia)

前回は  親の「サポート」は、子の「プレッシャー」です

前々回は 夫が”イクメン”でなくても、いいではないか

【読者からの相談】

 私は13年前に、25才で38才の夫と結婚し、3年前に出産しました。1年前から、私だけ夫の実家と絶縁状態になり、これでいいものかと悩んでいます。
 義母は義父と不仲で不満の塊なのか、会話はほとんどが家族の噂話か愚痴で、生理的に苦手でした。それでも私は義父母と、その同居人で非婚の義兄・義姉とも仲良くしようと、平日フルタイムで働きながら月1回は3人を、週1回は義母を拙宅へお招きし、食事会を開きました。そして家族の愚痴もさんざん聞いてきました。
 今から1年前、夫の実家を初めて訪問したのですが、その汚さにショックを受けました。義母は心が落ち着かないのと同様に、部屋も片付けられない症候群でした。義兄姉に片付けるよう相談しても、無駄だから諦めろと逆ギレされる始末。
 その日以来、抑えていた婚家の人たちへの嫌悪感が、一気に噴き出ました。たとえば、犬には人間の食べ物を平気で口移しで与え、控えて下さるようお願いしても、舌を出して笑ってごまかされます。これは孫にも同じです。
 夫は末っ子で結婚するまで甘やかされ、給与振込の通帳も義母がずっと持っていました。出産するまでお財布が別だったので気づかなかったのですが、夫が義母のところへ、それ相当にある給料を受け取りに行っていたということです。その通帳は渡してもらえなかったので、振込先を変えて解決しましたが。
 今では義母が、私に対するありもしない話を親戚中に愚痴るので、義兄姉まで思いやりのない発言やお小言を繰り返し始めました。
 私は、「義母が人の陰口をたたくのを、わが息子にこれ以上聞かせたくない」と夫に訴えたところ、「嫌な思いをさせてきたことはすべて自分が悪い、家族を代表して謝罪する。彼らを変えることに力を注ぐより、仕事に励み私と息子とよりよい家庭を築きたい。金輪際彼らは無視して欲しい」と言い、月に一度夫が義母に息子を会わせに行きます。
 夫に対しても、相手の立場に立って考え、自分がされて嫌なことはしないなど、実家の人たちと話し合ったり教えたりして、よりよい関係になろうとしないことが、悲しく腹が立ってしまいます。
 夫の言うように、私は恵まれた家庭に育ったので、何ごとも話し合いで解決できると盲信する、未熟で潔癖すぎる人間なのでしょうか?この状況のまま彼らを受け入れることができず、苦しい毎日です。
                         高井(仮名)
次ページパンプキンからの回答は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。