親の「サポート」は、子の「プレッシャー」です

中学受験で子どもを追い詰めてはならない

塾に勉強に頑張った娘が、涙を流す姿を見ると不敏でなりません……(写真:KAORU / Imasia)
 若手マザーの中には、子育ての仕方がわからず、周りの助言にも恵まれないケースも多い。そこで、『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』の著者であるムーギー・キム氏の母親で、子どもを国際弁護士、国際金融マン、海外著名大学教員、公認会計士に育て上げた著者が、読者の皆様からの子育て相談に回答する。
→ミセスパンプキンへの相談はこちらで受付中

前回は 夫が"イクメン"でなくても、いいではないか

前々回は 実母が根っからの詐欺師、どうすればいい?

【読者からの相談】

パンプキンさん、今、私は精神的に落ち込んでいるところで助言をいただきたく、わらをもすがる思いでメッセージさせていただきました。
私は、地方都市に住む者です。先日、小学校6年生のひとり娘が私立中学を受験して、昨日結果が出たのですが、 桜散りました。
娘は、生まれが小さいうえ精神的にもまだ幼く、学校の成績も決して長けているわけではありません。が、吹奏楽を続けていることや幼稚園がカトリックだったこともあり、ある学校の教育理念などを家族で何度も総合的に話し合ったり、オープンスクールに見学に行ったりした結果、その中学校を受験することに決めて、本人も塾に勉強に頑張っていました。
しかし、家族が本当に一丸となってサポートしたのですが、娘のその頑張りが間に合わず、不合格通知がきてしまいました。本人に不合格を伝えたところ、普段から楽観的で明るく、悔しいとか悲しいとかそんな感情を表になかなか出さない子が、涙をポロポロポロポロ流して泣くのです。
たった12歳でひとりで受験を戦い、成績が及ばなかったのですが、娘が悲しく悔しく流す涙は 12年間で2回しか見たことがなかったぶん、本当に辛いです。母親としての私も、いろいろなことで力不足だったと思います。
今後公立中学校で、再度3年後の高校受験を目指し、将来の目標に向かって全力で娘をサポートしていくことになります。彼女の人生なので親が完全にレールを敷くことはできません。選択すべき道もたくさんあると思いますが、高校受験まで将来の夢に向かって勉強のできる学校へ進学できるようにするには、どのような子育てを心掛ければいいのか、アドバイスをお願いします。
私の周りには、気兼ねなく話せる志高いママ友だちがおりません。中学受験も情報収集からメンタルの支えまで、夫と私で2人3脚の状態でした。必ず返信くださいますよう、お願いいたします。
三井田(仮名)
次ページパンプキンのアドバイスは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。