年末年始の会合を有意義に過ごすコツ

何度も顔を合わせる人に注目しよう

面倒に感じることもある忘年会、新年会ですが…(写真:KAORU / Imasia)

年末年始はさまざまなジャンルの会合が増えます。社内の忘年会に新年会。さらに取引先の賀詞交換会。会合の合間には食事、アルコールも入って、ほろ酔い状態。さらに、別の会合へと移動。それから仕事……と過密スケジュールでぐったりしてする人が多いかもしれません。

毎年恒例の風景ではあるのですが、今年は例年より会合の数が多い、という声も周囲でよく聞きます。当方も、12月後半は1日で3つ以上の会合を1時間ごとに移動する日もありました。そのときに乗ったタクシーの運転手が

「年末の喧騒が戻ってきました。タクシーで移動する人も増えて、景気の回復を感じますよ」

とうれしそうに話してくれたのが印象的でした。

ちなみに大手企業の冬のボーナスの平均額が発表されましたが、およそ85万円と昨年に比べ5%増となっています。これはバブル期以来の伸びです(一方で、実質賃金は16カ月連続で下がったままですが)。

年末商戦に関して、小売業の方々に取材すると「やや上向き」という回答が多く返ってきました。企業優遇のトリクルダウン(滴り落ちる)政策の効果を感じるタイミングになってきたのかもしれません。こうしたことも、会合が増える背景にあるのでしょう。

多くの人が会合を待ち望んでいた!?

さて、このように景気が回復傾向になると、年末年始の会合は増えるもの。これまでの恒例であった企画に加えて、

《久々に関係者で集まり、未来を語ろうではありませんか》

と人が集まる新たな企画がされがちです。

次ページ今年は会合が増えすぎてキツイ?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。