師走の「疲れ目」、改善のための食事は?

ビジネスパーソンの多くが悩む「ドライアイ」

疲れ目改善に役立つ食材とは(写真:kou / Imasia)

師走に入ると、連日忘年会があることに加え、仕事も超繁忙。長時間パソコン作業に従事しているというビジネスパーソンも多いことでしょう。ここで悩ましいのが「疲れ目」です。目薬をさすことも改善策の一つですが、今日は“内側”から改善を図る食材について、いつもの食事から考えてみたいと思います。

目が疲れやすいといっても人それぞれの悩みがあると思いますが、目の表面が乾きやすい「ドライアイ」で悩んでいる方がもっとも多いことでしょう。現代人は仕事で長時間パソコンを使っているのに加え、通勤途中にはスマートフォン、帰宅するとテレビと、常に目を酷使しているのがその要因と考えられています。

疲れ目対応の栄養素とは?

また忙しいと食事の栄養が偏り、目の健康を支える栄養が不足して、目が疲れやすくなる可能性もあります。こうなると視神経の働きが悪くなって、目がショボショボしたり、目が乾燥してドライアイの悩みが出てくるそうです。

ここで、疲れ目対策に有効と指摘されている栄養素を3つご紹介します。

・アントシアニン
疲れ目の改善には、目の網膜にある「ロドプシン」の再合成を活性化させることが一役買うと言われています。これにはポリフェノールの一種である「アントシアニン」がその働きを助けると、近年の研究でわかっています。アントシアニンは主に紫色の食材から摂れることがわかっており、ブルーベリー、カシス、黒豆、ブドウ、紫芋、紫キャベツ、ナス、紫玉ねぎ、シソなどです。
次ページ残りの2つは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。