新卒入社の数年間をどう過ごすべきですか

将来行きたい会社の前に大企業に就職した

いい大学に入り、いい会社に入っても、一生安泰の保証はない。これからの時代は、社会に出た後にどんな努力をするかで将来が決まる。この連載では、「学歴なし、コネなし、カネなし」で世の中を渡り歩いてきた安井元康・経営共創基盤(IGPI)プリンシパルが、悩めるビジネスパーソンからのキャリア相談に、本当に役立つ実践的なアドバイスをしていく。

※安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

【キャリア相談 Vol.23】 VCを目指していますが、いったん大企業へ就職します
 地方公立大学に通う大学4年生です。卒業後は、今年上場したばかりの情報サービス系企業に入社予定です。
 もともと私は就活中、VC(ベンチャーキャピタル)を目指していました。といいますのも、大学のゼミでベンチャー企業について研究しており、その過程でベンチャー創業に不可欠な資金を提供する役割を担う一方で、ハンズオンによって事業を成功に導くベンチャーキャピタリストの姿にあこがれたからです。 
(写真:UYORI / Imasia)
 そこで、とある著名キャピタリストに相談に行ったところ、「新卒でVCに行くのではなく、まずは大手の事業会社に行きなさい」とアドバイスを受け、方針を変えて現在の内定先に決めました。
 数ある事業会社の中でその会社に決めたのは、従業員が魅力的だったことと、新規事業を推奨する社風であるため、将来、VCに転向するうえで役に立つと考えたからです。
 内定先は大好きですが、一生をここで終えるつもりはなく、将来的にはVCへの転職や自らのファンド立ち上げを考えています。
 そこで、ファーストキャリアの数年間をどのような意識で過ごすべきか、どういったスキルを身に付けるべきか、アドバイスをいただけますでしょうか。
M.T.

ぶっちゃけ、ハンズオン型のVCは少ない

一見、遠回りに見えかねなくもないので、勇気のいる行動だと思います。が、一方でVCにせよコンサルにせよ、ご自身のキャリアの中でいったん事業会社での経験を積むというのは、私個人としては非常に賛成ですし、しかるべきキャリアパスだと思います。

「事業会社での経験」といっても就職や転職だけでなく、長期間にわたるいわゆるハンズオン経験なども含みますが、私の周りの優秀なプロの方は、すべてではないにせよ、やはり何かしらの形で、一度は事業会社におけるリアルな経験を積むとともに、当然、その道での経験も豊富という方が多いように思います。

さて、「どのような意識で現時点を過ごすか」という本題の前に、日本におけるVCの実態について、ぶっちゃけた話を申し上げますと、記載されているようなハンズオン型のVCは非常に少ないです。

状況としましては、おカネの出し手は非常に多いが、ベンチャー企業が本当に必要としている手足の部分を提供する(できる)VCを含めた外部のアドバイザーは、非常に少ないという状況です。これは私自身がベンチャーで死闘していた2000年代前半の時代から変わっていません。その間に資金の出し手も少なくなった時代もありましたが、現在は復活というか、かなり盛り上がっていますね。

また、資金を受ける側のベンチャー企業側からしても、下手に口を出されるよりもカネだけ出してくれ、というスタンスの企業もありますので、そこは「利害の一致」という面も実はあったりします。

いずれにせよ、そういったことまで踏み込めるようなノウハウや経験を持った人材がまだまだ少ない、というのがその背景でして、Mさんが本当にそういった人材になれるのであれば、貴重な人材として重宝されます。ぜひ頑張っていただきたいと思います。

次ページつねに問題意識と好奇心を持て
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。