ミャンマーにあふれる「タナカさん」とは?

紫外線から肌を守る、ヤンゴン女子の必需品

ヤンゴン在住のマリアンさん(左)とジェニーさん(右)。この写真もなかなかのタナカっぷり!

ミャンマーの最大都市ヤンゴンといえば、高層ビルもショッピングセンターも建ち並ぶただいま発展中の都市である。ミャンマー自体はビルマ族が60%、残りは少数民族の多民族国家だ。熱帯モンスーン気候で日中平均気温は、27.5度。雨季前には37度まで気温が上がる。暑いからか、ロンジーといわれる筒状の布をスカートのようにはく男性の姿もよく見かける。

そんなヤンゴン、街中を歩いていると、あら?と驚くことがある。一目見てわかる、「タナカさん」だらけなのだ。タナカといえば、日本の苗字ランキング4位という不動の地位を築いているが、ヤンゴンでお目にかかれるのはその「タナカさん」ではない。

ミャンマー女子はなぜタナカを塗る?

これがタナカ!

タナカ(thanaka)とは、ミャンマー熱帯地方に生えるミカン科ゲッキツ属の木の名前。で、小さな子供から、スーツ姿のビジネスウーマン、そしておばあさんまで、みんなと言っていいほど、このタナカの木のエキスを顔に塗っているのだ。

そのタナカっぷりたるや、「えっ、何それ? 恥ずかしくないの?」と思わず聞きたくなるほどの目立つ塗り方。たとえるなら、Jリーグの試合前にサポーターが施す「フェイスペインティント」みたいなのだ。

ミャンマー女子はなぜ、タナカを塗るのか。その効果効能は、

① 皮膚の病気を治してくれる
② 香りがとてもいい
③ 体の熱をとってくれる 
④ 毛穴を引き締めて吹き出物を防ぐ
⑤ 日焼け止め
⑥ オイリー肌を防ぐ

 

などいろいろとあり、どうやら美容にも健康にもよさそう。タナカを「美白の木」と呼ぶ人もいるほどだ。

「濃く塗るのは田舎っぽい」と主張するタッタさん

現地の女子に聞いてみれば、「タナカは、紫外線から肌を守るし、肌の油分も調節してくれる。私はオイリー肌なので必要不可欠だと思っています」という人がいれば、「田舎っぽいから、最近私は家の中でしか塗らなくなったけど、暑いときに塗ると涼しくて気持ちいい。手にも塗ります。タナカにライムを少し入れて顔に塗ると、顔が柔らかくなるの」という人もいる。

ほかにも、「ミャンマーには、タナカを塗る女性の美しさを表す歌もあります」「化粧下地に使う人もいます」などの声が聞かれた。用途もそれぞれで、なかなか奥深い。中でも、日焼け止め用途で使っている女性がいちばん多いようだ。

次ページ近隣諸国の女子にも波及?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。