大増殖! 「世界系」番組が急増するワケ

特番からレギュラー番組まで百花繚乱

4月と10月はテレビ番組の改編の時期ですが、毎回、注目しているひとつが「これ以上、『世界』番組が増殖しないだろうか」という点。テレビの番組表を見れば、「世界」「世界」「世界」。「日本」「ジャパン」も多いけれど、それ以上に「世界」。なぜここ数年、こんなに増えているのでしょうか?

高視聴率ランキングにも多数

ビデオリサーチが毎週発表している「週間高世帯視聴率番組10」(関東地区、10月20日(月) ~ 10月26日(日))を見てみると、「その他の娯楽番組部門」のトップ10は次のとおり。タイトルに「世界」がつく番組が4番組もランクインしています。

「世界一受けたい授業」は別として、「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)「世界まる見え!テレビ特捜部」(日本テレビ系)「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」(フジテレビ系)は、いずれも、海外で撮影された映像を主役にした番組です。

高視聴率が見込めることもあり、「世界」番組はここ数年、急激に増殖し続けています。

10月の改編では、TBSが「不思議探求バラエティー ザ・世界ワンダーX」(日曜よる7時~)、「さまぁ~ずの世界のすげぇにツイテッタ~」(日曜よる10時~)という2番組を日曜日に新たに投入。夜6時からは「THE世界遺産」も放送されているので、日曜日のはまさに「世界祭り」です。

世界×日本人はテッパン

いわゆる「世界」ものは、主に次の6つの要素のうち、いくつかの組み合わせで成り立っています(スタジオトーク部分は除く)。

①海外の事件・ニュース
②日本人取材
③秘境や僻地
④冒険
⑤美しい風景映像
⑥クイズ
次ページこんなにある、「世界」とつく番組
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
NOVA<br>七転八起の再生

英会話教室の最大手だったNOVA。「NOVAうさぎ」「駅前留学」の宣伝で有名だったが、2007年10月に経営破綻。地味ながらも復活に至ったが、その再生は七転び八起きの道のりだった。