熟慮のうえの30代婚=最高の結婚になるか?

30代3人目の彼氏と結婚…その幸福と不安

 「結婚難」が止まらない。日本人の平均初婚年齢は年々上昇し、男性は30.7歳、女性は29歳。社会人歴が長くなり、ガチガチに自我が固まりゆく一方で、恋愛感度は下がり続ける。35歳を超える頃になると、「もはやどうやって結婚にたどり着けるかわからない」という人も少なくないだろう。そこでこの連載では、“35歳以上婚”を果たした「晩婚さん」に会いに行く。晩婚さん、どうやって結婚をつかんだのですか? あなたの晩婚は幸せですか?
30代3人目の彼氏と結婚するが……(イラスト:堀江篤史)

モテる女性が早めに結婚するとはかぎらない。運と決断、そして努力が組み合わさったときに初めて相手が定まり、その結婚生活を継続できるのだ。大手企業の総合職であり、細身の垢抜けた美人でもある小林麻里さん(仮名、42歳)との会話で、この現実を僕はあらためて認識した。

4年前に現在の夫である郁夫さん(仮名、39歳)と結婚した麻里さん。30歳を過ぎてから、別の5歳年下の男性2人と連続して付き合った末の結婚だったと明かす。

麻里さんによれば、悲しく苦しい恋愛だったらしいが、その経験が今に生きている側面もあるだろう。郁夫さんと出会う前の2人の恋人を、時系列順にAさんとBさんとして振り返っていきたい。

二股から始まった、「自分に気のない彼」とのつらい恋

Aさんと最初に会ったのは10年ほど前、赴任先の中国のある地方都市でのこと。上海や北京に比べると日本人駐在員が少ないため、語学スクールなどを通して日本人同士が仲良くなりやすい環境だった。麻里さんとAさんは共通の趣味であるテニスを通じて会う機会が多く、なにげない会話に面白みを感じることが増えていった。そのうちに麻里さんが先に帰国することが決まった。

「彼が私にあまり興味がないことはわかっていました。でも、帰っちゃえば会えなくなるから、気持ちを伝えようと思ったのです。『好きになっちゃったんですよね』と、人生で初めての告白をしました。彼の返事は『日本に彼女がいる。だからといって、これで終わりは嫌だよね』。私が帰国するまでの数週間は楽しくデートする関係になりました」

Aさんからすれば都合のいい関係である。麻里さんも「数週間だけの思い出」として割り切るつもりだったのだろう。しかし、帰国してからもAさんから頻繁に連絡が来るようになり、お互いが出張や一時帰国をしたときは会うようになった。

「いわゆる二股ですよね。こういうのはよくないな、嫌だなと思っているうちに1年が経ってしまいました。あるときに勇気を出して『彼女はどうするの?』と聞いてみたら、『彼女なんていないよ』と答えるのです。いつの間にか別れていたようです。じゃあ、私が彼と付き合えるんだー、とは思いましたが、そういう始まりだと不信感や不安がずっと残ります。同じように私もまた別の人に乗り換えられるんじゃないか、と」

次ページ今度は、自分の愛情が足りない……
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。