ほんとうにほしいもの、つくれているのか?

ウェブエンジニア夫婦のあるある日記 その15

クライアントがほんとうに欲しいものを、エンジニアは提供できているのでしょうか?

クライアントが「欲しい!」と思っている機能は仕様書になってやってこないとつくりようがないのですが、実のところ、本当に欲しいものが書かれていない、それだけでなく欲しくないものが書かれていることがあります。

このことを表現した有名な図が、「オレゴン大学の実験」(C.アレグザンダ―・他著、B6判、203頁、鹿島出版会、1977年12月、リンク先:日経BP社)になります。

ぼへちゃんの周りでもそんなことがしょちゅう起きています。

社長さんはどうやら、自社のシステムを刷新したいようです。

その会社の情報管理部門の人が、社長の意向をくみ取って(?)発注先の営業さんに要件を話したようです。

それを聞いた営業さんが張り切っています。

大きい案件ということで張りきりすぎて、ゴージャスな仕様がどんどんつくられていきます。

そして、営業さんのまとめてきた資料をみたぼへちゃんは本当にこんなものが欲しいのかなあ?と思いつつ、プロトタイプを作ります。

そしてクライアント先にレビューにいったところ、社長は「ちょっと思っていたものとは違う」と言いだし、情報管理部門も「こんな要求はしていない」と怒り出します。

今日も、どこかで、こんなことがどこかで起きているかもしれませんね。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。