近づくとケガをする!炎上プロジェクトの臭い

プロジェクトルームをみれば分かる!

「ぼへくん、忙しいところ悪いね~。ちょっと3カ月くらいなんだけど、別のプロジェクトを手伝ってもらってもいいだろうか?」

突然、上司に呼ばれて、そう優しい声で告げられたら、危険信号だったりします。

そのプロジェクトルームに行ってみると、うずたかく積み上げられたレッドブルの箱、机に転がる栄養ドリンク、うつろな目をして、昨日何時に帰れた?俺?帰ってないよ、
みたいな睡眠時間最小自慢の声・・・。

そう、これは明らかに、何らかのトラブルに見舞われている炎上プロジェクトだったりします。そう、ぼへちゃんは、火消しの一員に選ばれてしまったのであります。

あれ?ぼへちゃんは、なぜかプロジェクトルームを後にして、自席に戻ってきていますね。

下見をして、炎上プロジェクト臭を察知。必死の抵抗を試みようとしているようですが、まぁ逃げられないのがエンジニアの業だったりします。精一杯の抵抗を示している、ということのようです。

炎上プロジェクトの火消し要員の皆様、お疲れ様です。明日からの1週間もめげずに頑張っていきましょう!

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。