「栄養ドリンク」の残骸は、徹夜対応の名残り

ウェブエンジニア夫婦の「あるある日記」 その9

御社にも、コンピュータシステムの開発や管理をしているエンジニアの集団がいると思います。その机の上をちょっと覗いてみてください。整然とした机の割には、栄養ドリンクが1、2本転がっていませんか?

これは、いざという時のために置いている訳ではありません。夜中をすぎてくると、誰かがそっと差し入れて帰っていくことが多いのです。その残骸、もしくは手つかずのドリンクが転がっているのです。

システムトラブル、セキュリティの緊急事態・・・。今日は早く帰るつもり、というときに限って、「今日中に復旧すること!」「今日中に対応すること!」という、物々しいメールが流れてくるのです。

エンジニア以外のみなさんは、しばらく周りから遠巻きに心配そうに見ています。ホントに復旧するの?大丈夫なの?という視線を感じます。でも簡単には終わりません。日付が変わってしまうことも多く、徹夜対応になることもあるのです。

そんな時には、いろいろな差し入れをもらえることが多いのですが、それがかなりの確率で栄養ドリンク。「がんばってね!」という掛け声と、笑顔のガッツポーズとともに・・・。

栄養もらってもがんばれません、帰りたいです。今週はそんなことがおきませんように!

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
カジノ解禁法があぶり出す<br>ギャンブル依存症の恐怖

経済の起爆剤として期待がかかるカジノ法。一方で、ギャンブル依存にも注目が集まる。依存症者がつぎ込んだ額は平均1200万円超。意志の問題ではなく病気である。その実態に迫る。