再上場すかいらーく、"マック化"回避が焦点

ファンド流再生の真価はいかに

東京・武蔵野市にある、すかいらーく本社

8月28日、午前9時。東京・武蔵野市のすかいらーく本社で取締役会が開かれた。日本人の役員は全員顔をそろえ、ラルフ・アルバレス会長はロサンゼルスから電話で参加した。出席した全役員が署名し、午前10時ちょうどに取締役会は閉会。すかいらーくが8年ぶりの再上場を決めた瞬間だった。

同社は10月9日、東京証券取引所に再上場する。想定発行価格は1株1450円、発行済み株式数1.9億株で試算すると、時価総額は約2800億円だ。外食業界では日本マクドナルドホールディングスに次ぐ規模となる。

業界の雄がたどった盛衰

ファミレス業界の雄──。かつて、すかいらーくはそう呼ばれていた。1970年にファミレスの先駆け「すかいらーく」を開業し、外食事業へ参入した。

市場拡大の波に乗り、グループ店舗数は92年に1000店を達成すると、ほぼ10年ごとに1000店ずつ増加。93年には低価格メニュー主体の「ガスト」を投入し、さらに業績を伸ばした。

ただ外食業界の市場規模は97年の29兆円をピークに、2013年には24兆円弱まで後退。少子高齢化を背景に市場が縮小する中、すかいらーくの拡大路線は行き詰まりを見せる。「00年代に出店した店舗は赤字ばかりだった」(同社幹部)。

次ページ再上場に至った経緯とは
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。