「残念な自己啓発」3つの落とし穴とは

基礎を大切にしない人は、仕事への「誇り」を失う

発売即重版!「どこに行っても通用する」ビジネスパーソンになるために必要な10の必須ベーシックスキルを凝縮して紹介。
日本屈指のビジネススクールであるグロービス。各界の第一人者が教鞭を執るグロービスで学んだビジネスパーソンは、累計7万人を超える。
2014年8月、グロービスでは、7万人ものビジネスパーソンと向き合ってきた経験から導き出した「あらゆるビジネスパーソンに必要な10の基礎力」を、新刊『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』にまとめた。本連載では、書籍の執筆にあたって教授陣が交わした議論を基に、ビジネスにおける「基礎」の磨き方を、4回に分けて解説する。
第1回目を執筆するのは、グロービス経営大学院にてマネジメント業務・研究などを行うかたわら、戦略系、および思考系科目の教鞭を執る荒木博行氏。若手ビジネスパーソンが陥りやすい「自己啓発の落とし穴」について解説する。

ビジネススクールに通うたったひとつの理由

私はビジネススクールで教鞭を執っているので、日々、多くのビジネスパーソンと接点を持っている。彼ら、彼女らの職種、年齢や立場は多岐にわたるが、ビジネススクールの門戸をたたく以上、その意識の根底に流れるものは共通している。それは、一言で言うならば「自己の能力開発」。「具体的にどのような能力を、どうやって伸ばしていくか」という問題意識だ。

特に、社会人としてがむしゃらに目の前の仕事をこなし、ようやく一人前と認められるようになったようなタイミングで、この「能力開発」の課題にあらためて向き合う人が多い。ふとわれに返り、「このまま、ひたすらタスクをこなしているだけでいいのだろうか?」「何か勉強をしなくてはならないのではないか?」と思い悩んで、本学の門をたたくというパターンだ。

しかし、そのような問題意識を持ちつつも、具体的にどのような能力をどう鍛えるべきかという問いに対する、明確なガイドラインがあるわけではない。会社から提示される研修などはあるかもしれないが、「それだけでいいのだろうか?」「それははたして自分に適した能力開発なのだろうか?」という疑念は尽きない。

「能力開発の罠」に陥らないために、3つのパターンを理解しておこう。(写真:アフロ)
次ページ残念な自己啓発 3パターンとは
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
異色対談 伊藤邦雄×村上世彰<br>ROE8%達成で日本を変えろ

ROE8%達成を求めた企業統治改革の指針「伊藤リポート」で知られる伊藤邦雄教授。企業と敵対し、社会に拒絶された「村上ファンド」の村上世彰元代表。両者に相通ずるものとは?