英名門校「エプソム」がマレーシアへ来たワケ

英国のパブリック・スクールも進出中

会場となったミッドバレー・エキシビジョンセンターには保護者や進学先を探す学生などたくさんの人がつめかけた

2014年7月19日〜20日、第3回プライベート・インターナショナル・スクールフェアがクアラ・ルンプールのミッドバレー・エキシビジョンセンターで行われた。専門学校、カレッジや大学を紹介するハイヤー・エデュケーション・フェアと同時開催。現地には開場前から熱心な父母や子どもたちが集まり、関心の高さが伺えた。

私立学校・インターナショナルスクールが一同に

クアラルンプールだけではなく、マレーシア各地の学校が出展。写真はペナンにあるプリンス・オブ・ウェールズ・アイランド・インターナショナル・スクール。寮生活を通して学ぶ英国の伝統的なスタイルの学校だ

このフェアには、クアラルンプールだけではなく、ペナンやイポーなどマレーシア中の私立学校とインターナショナルスクールが集まり、学校の紹介や父母への説明を行う2日間の展示会だ。

日本とは違い、当地のインターナショナルスクールはマレーシア人がほとんどを占める学校も多い。近年、マレーシアの公立学校などでは、かつて英語で教えて来た理数系科目をマレー語で教えることになった。そのため、英語で教育を受けさせたい願う、とくに中華系、インド系の保護者の間でインターナショナルスクールのニーズが急上昇。同時期に、国民の英語力向上のため、インターナショナルスクールでの国籍比率の制限などが撤廃されたこともあり、マレーシアは現在も、インターナショナルスクールの開校ラッシュなのだ。

この展示会でもこれから開校予定だったり、数年前に開校したばかり、という学校が目立った。「今入学すると入学申し込み金が半額に」などと謳う学校もあり、マレーシアでは学校経営もビジネスなのだと感じる。

マレーシアはかつて英国の植民地だった歴史もあり、イギリス式のインターナショナルスクールが多い。中途での転校が一般的なマレーシアでは、就学中の親が転校先を探すのもごく普通。なかには未就学児のためのプレスクールやラーニングセンターなどの展示もあり、会場は満員。ビジターたちがそれぞれの学校担当者に熱心に聞いて回る姿が見られた。

次ページ英国の名門パブリックスクールがKL郊外に開校
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。