アップル、中国企業との特許訴訟で一審敗訴

音声認識技術めぐる裁判、アップルは上告

7月9日、中国北京市の地裁が、中国の企業が保有する音声認識技術の特許を無効とするよう米アップルが求めていた裁判で、特許の有効性を支持する判決を下したことが分かった。北京で1月撮影(2014年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[北京 9日 ロイター] - 中国の北京市第一中級人民法院(地裁)は8日、中国の企業が保有する音声認識技術の特許を無効とするよう、米アップルが求めていた裁判で、特許の有効性を支持する判決を下した。7月9日付の人民日報が報じた。

アップルは、上海を拠点とする智臻網路科技の音声認識技術に関する特許は無効だとして、同社と中国の知的財産当局を提訴していた。

智臻は2012年、アップルのスマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone」などに使用されている音声認識技術「Siri(シリ)」が智臻の知的財産権を侵害しているとしてアップルを訴えた。

アップルは今回の判決を受けて、上訴する意向を表明。同社の北京の広報担当者は電子メールでロイターに対し、「残念ながら、われわれはSiriを導入する前に智臻の特許について認識しておらず、この特許を使用しているとは考えていない」としている。

智臻はロイターが求めたコメントを拒否した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ビジネスに効く!<br>教養としてのテクノロジー

AI、ブロックチェーン…今さら聞けないテクノロジーを解説。会計・英語に並ぶビジネスの即戦力スキルだ。米MITメディアラボ・所長伊藤穰一のインタビューを掲載。未来を見通す特集。