アップル、中国企業との特許訴訟で一審敗訴

音声認識技術めぐる裁判、アップルは上告

7月9日、中国北京市の地裁が、中国の企業が保有する音声認識技術の特許を無効とするよう米アップルが求めていた裁判で、特許の有効性を支持する判決を下したことが分かった。北京で1月撮影(2014年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[北京 9日 ロイター] - 中国の北京市第一中級人民法院(地裁)は8日、中国の企業が保有する音声認識技術の特許を無効とするよう、米アップルが求めていた裁判で、特許の有効性を支持する判決を下した。7月9日付の人民日報が報じた。

アップルは、上海を拠点とする智臻網路科技の音声認識技術に関する特許は無効だとして、同社と中国の知的財産当局を提訴していた。

智臻は2012年、アップルのスマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone」などに使用されている音声認識技術「Siri(シリ)」が智臻の知的財産権を侵害しているとしてアップルを訴えた。

アップルは今回の判決を受けて、上訴する意向を表明。同社の北京の広報担当者は電子メールでロイターに対し、「残念ながら、われわれはSiriを導入する前に智臻の特許について認識しておらず、この特許を使用しているとは考えていない」としている。

智臻はロイターが求めたコメントを拒否した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。