EVベンチャー、テスラが特許を開放する狙い

カリスマ起業家が仕掛けた大胆な戦略

1台800万円以上するテスラの「モデルS」(撮影:大澤 誠)

「電気自動車技術の発展に貢献することになると信じている。だからこそ決断に至った」

電気自動車(EV)ベンチャー、米テスラ・モーターズのイーロン・マスクCEOはそうコメントした。6月12日、同社は保有する約200の特許(加えて現在280件出願中)を開放すると発表。拠点を置くシリコンバレーでも大きな反響があった。業界の事情に詳しいブルー・フィールド・ストラテジーズのアナリスト、フィル・キーズ氏は「テスラの動きは大胆だが、(5月にグーグルとアップルがスマートフォンの特許訴訟で和解したように)特許紛争を避ける動きはシリコンバレーのトレンドになりつつある」と解説する。

マスク氏はテスラのCEOであると同時に、宇宙ベンチャー、スペースXのCEOも務めており、技術革新に意欲的な人物だ。

昨年は1977年に上映された「007私を愛したスパイ」で使われたロータス・エスプリの潜水艦を1億円で購入したことが話題を呼んだ。マスク氏は「空を飛び、水面下に潜れる車を開発したい」とも語っている。実際、テスラのコミュニケーション副社長のサイモン・スプロール氏は、「空飛ぶ車の生産計画は今のところないが、潜水可能な車2~3台程度の生産予定はある。時期は未定」と言う。

現在、世界で最も影響のあるビジネスパーソンの一人といわれるマスク氏。特許開放の狙いは何だろうか。

普及が進まないEV

EVは日産自動車、ゼネラルモーターズ(GM)、三菱自動車など、大手自動車メーカーが開発を進め、市場に投入している。だが、全世界で年間1億台近く売れる自動車のうち、EVが占める割合は1%にも満たない。

画像を拡大
米国のテスラ直営店

最低でも823万円(日本での販売価格)のセダン車「モデルS」の年間販売台数は昨年で約2万2000台。今年は約4万台に迫る、とあるアナリストは推定するが、ガソリンエンジンの車の足元にも及ばない。1台約400万円の量産型EV、日産リーフでも、2010年から今年5月までの世界累計販売台数は約11万5000台だ。

販売のネックになっているのは、充電時間。モデルSはバッテリー容量が60kWh(キロワット時)の場合、一度の充電で約370キロメートル走行するが、家庭用電源からの充電には時間がかかる。

容量を85キロワット時に増やせば、走行距離が480キロメートルに伸び、テスラ独自の充電スタンド「スーパーチャージャー」が無料で利用可能だ。スーパーチャージャーを使えば40分で80%充電できる。ただし、北米に97カ所しか設置されていない。アジアにいたっては中国に3カ所あるだけだ。

次ページ莫大なインフラ投資
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。