アップルストア表参道店の何がすごいのか?

ケヤキと見事に調和した幻想的な店舗

6月13日に表参道にオープンした日本で8番目の「Apple Store Omotesando」。華やかなオープニングを迎えたこのお店を、開店前に取材した。

今までなかったのが不思議なくらい

表参道は、東京の中でも有数のショッピングエリアだ。青山通りから明治神宮まで続く緩やかに下って再び上る街路には、緑豊かなケヤキが植えられ、その両サイドに高級ファッションブランドや、趣向を凝らした商業施設が建ち並ぶ。

画像を拡大
1Fは9メートル以上の吹き抜けの空間。ガラスがケヤキ並木をそのまま映し、緑を楽しむことができる

1本裏手に入ると、よりこだわりの強い専門店や、若々しいカルチャーを勃興させるショップ、行列を作り続ける飲食店など、話題と訪れるべき目的に事欠かない。冬になるとケヤキは電球を纏い、幻想的な空間を作り出してくれる。

そんな表参道にアップルストアがなかったことがむしろ不思議なくらいだった。明治神宮により近いところにはソフトバンクの旗艦店があり、かつてアイフォーン3G発売の際には渋谷まで届くのではないか、というほどの大行列を作った。

またアップルストアのロケーションのすぐ近くの表参道ヒルズ内にマイクロソフトが独自タブレット「サーフェス」のプロモーションスペースを期間限定で構えるなど、日本においていかにファッションとテクノロジーを融合させるか、というアイデアが試されているような場所にもなっていた。

次ページケヤキの緑に馴染む店構え
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。