ジャーナリストには孤独に耐える力が必要だ

山折哲雄×滝鼻卓雄(その3)

 これまで「和魂漢才」と「和魂洋才」で生きてきた日本人。グローバル化が急速に進む中で、日本人はあらためて「日本文明とは何か」「日本人とは何か」を問われている。これからの時代を生き抜くために、日本人に求められる教養とは何か――。 宗教学者の山折哲雄氏が、有識者との対談を通して、日本人の教養を探る。
 第5回目は、元読売新聞東京本社社長の滝鼻卓雄氏を迎えて、日本の教養とジャーナリズムについて語る。
 (企画協力:こころを育む総合フォーラム ※ 山折氏の後日談はこちら

※その1:日本のジャーナリズムには、教養が足りない

※その2:西山記者はジャーナリストの鏡と言えるか

刑務所の塀の上を歩くジャーナリストであれ

滝鼻:ジャーナリストと孤独の問題をちょっとしゃべっていいでしょうか?

山折:どうぞ。

滝鼻:私は組織の中の新聞記者として50年間過ごしてきました。もちろんジャーナリストの中には、フリーランスもいますが、新聞記者の世界は、流動性の低い業界です。読売新聞に入るとだいたい最後まで読売、朝日新聞に入ると最後まで朝日に勤めます。出版社では、会社間で横に動く人もたまにいますが、新聞社ではまれです。人事面で言うと非常に保守です。頑迷と言ったほうがいいかもしれません。

会社の中では、もちろん組織ですから、上司からは命令、指導を受けますし、部下に対しては指導や命令を行います。しかし、新聞記者を中心に考えると、やはり一人ひとりが自覚的に行動すべき職業だと思います。そのためにも、新聞記者やジャーナリストには孤独に耐える力が求められます。なぜなら、最後はすべて自分で決断しないといけないからです。

ジャーナリストにとっての決断とは、ひとつには、今書こうとしていること、報道しようとしていることが真実か虚偽かの判断です。うそか真を判断するのは、時には上司の指摘があるとしても、最終的には新聞記者個人が決めることです。それは新人には難しい。だからこそ、経験や体験を積み重ねて、自分で決める力をつけないといけない。

もうひとつは、今自分が書こうとしていることにニュース価値があるかどうかの決断です。前々回に、山折さんが指摘されましたが、マンデラ氏が亡くなったときに、彼の非暴力思想をアメリカのキング牧師やガンジーとつなげるような価値づけをした調査報道ができるかどうか。こうした報道は、いかにインターネットが進化しても、人間にしかできません。これはやはり記者個人の決断の問題です。覚悟を持って決断して、そこにニュースの価値を付加できるかどうか、です。

さらにもうひとつの決断は、取材方法に職業上、合理性があるかどうかです。これは一人ひとりの記者が考えないとダメです。取材方法について、私は部下によく「塀の上を歩きなさい」と言っています。塀の上の塀というのは刑務所の塀のことです。「刑務所の塀の上を歩きなさい。しかし、なるべく内側に落ちないようにしなさい。危ないと思ったら外に落ちなさい。しかし、塀の外ばかり歩いていたら、いいネタは拾えないよ」と言っています。

塀の上を慎重にかつ大胆に歩いて、内側をチラチラ見ながら何かのニュースを見つけるという行為は、他人の指示ではできません。自分が覚悟を持って、その細い平行棒みたいな塀の柱の上を歩かざるをえない。これはやはり孤独なのです。

次ページ個人の権利とジャーナリズム
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。