特定秘密保護法成立は民意を反映していたか

特定秘密保護法成立で選挙システムの盲点が見えた

新世代リーダー予備軍とも言える10代の優秀な若者は、どんな未来を描いているのか。「スーパーIT中学生」「スーパーIT高校生」として早くから独自の道を切り拓いてきたデジタルクリエーターの灘高生が、未来予測を発信。ITや政治、経済、教育、ときにはアイドルや女の子ネタまで、感度の高い移り気なアンテナがキャッチするまま書き連ねる。

 

Tehuの言葉 「特定秘密保護法成立で選挙システムの盲点が見えた」

先週の記事で、ネット上のみなさまから、さまざまなご批判をいただき、お腹いっぱいなのですが、まずはボクのことを「鶏頭子」とツイッター上で表してくださった在特会(在日特権を許さない市民の会)の桜井誠代表に感謝申し上げます!

そして、今回も同じような系統の話を続けさせていただきます。

論点に対する答えが見えないまま審議打ち切り


12月6日夜、特定秘密保護法案が参議院本会議で可決された。
 

特定秘密保護法案が、民主党の抵抗もむなしく、参議院本会議で「強行」採決、みんなの党と日本維新の会の退席がありましたが、可決されました。投票結果は、賛成130票で、反対が82票。

日本も大国なんだし、周辺諸国も不穏だし、マジの秘密もあるだろうから……と、法案自体の必要性はよく理解していますが、やはり疑問点の多く残る状態での審議打ち切りはどうなんだろう?と思います。

強行採決後に、自民党議員が「論点は出尽くしていて、これ以上やっても意味はない」と言っていましたが、論点に対する答えがまったく見えていなかったんですよね。

この与党の不誠実な姿勢が続くまま施行されてしまうと、安倍晋三首相以外の人間が政権を握ったときに、無責任な拡大解釈も可能になってしまいます。戦前の悪法、治安維持法に化けてしまう可能性は完全に0%にせねばなりません。

次ページ世論調査の結果も考慮してほしい
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。