ヤフー、「シリコンバレー現法設立」の算段

米ヤフーのお膝元でベンチャー企業を青田買い

坂本執行役員が米国現地法人の社長に就任(撮影:谷川真紀子)

日本時間の6月4日、ヤフーは米国現地法人「YJ America」でサービスを開始する。同社は2013年12月に設立されたが、これまで存在が明らかになっていなかった。

登記上はワシントン州シアトルを本社とするが、活動拠点は親会社ソフトバンクのシリコンバレーオフィス(カリフォルニア州サンカルロス市)に置く。言わずと知れた起業家のメッカで、米国のベンチャーやスタートアップ企業を発掘し、日本進出を支援する。

ヤフーはソフトバンクが36%、米ヤフー・インクが35.1%の株式を握る、“準米国産”企業だ。そのため、米ヤフーにとって、日本のヤフーは日本法人の位置づけとなる。その日本法人が米国に法人を設立することは、一見不可思議に見える。なぜ、日本のヤフーは米国に拠点を設けるのか。

世界一流のサービスと手を組む

「これまでヤフーにおける米国企業との連携は、ほかの日本企業と同じスタートラインに立っていた。しかし、これからは米国企業に他社より一歩先に入り込んで交渉したい」

こう語るのは、YJ America社長に就任する坂本孝治氏だ。サウジアラビア生まれで早稲田大学理工学部を卒業後、伊藤忠商事に入社。その後ネット企業のエキサイトを経て、2009年にヤフーに入社。2014年3月末までヤフオク!カンパニー長兼執行役員を務めていた人物だ。英語を使ってシリコンバレーで仕事をしていた商社時代の経験が、米国法人社長への抜擢の背景にある。

次ページこれまでの反省を生かす
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。