"ゲーム業界のレジェンド"の冒険的キャリア

レスリー・スコットが日本の中学生に贈った言葉

――ジェンガはなぜ、世界で2番目に売れているゲームなのか!?
ジェンガが初めて発売されてから30年、このゲームは売れに売れ、今や世界で2番目に売れているゲームにまでなった(発売26年で販売実績5000万個を超えている!)。
そして驚くべきことに、ジェンガというゲームを「生み出した人」と、ジェンガという製品を「世界に展開する道を開いた人」は、同一人物である。
ゲーム・デザイナー、起業家という肩書きに加え2013年12月に日本語版が刊行された『JENGA――世界で2番目に売れているゲームの果てなき挑戦』で作家としてのデビューまで果たした英国人女性、レスリー・スコット……どんな完全無欠のバリキャリスーパーウーマンが現れるかと思いきや、彼女はどこにでもいそうな「普通」の人だ。
1983年のロンドンでジェンガが新製品としての産声を上げるまでの「開発秘話」。そして血で血を洗う弱肉強食のおもちゃ市場をジェンガが生き残り、この世界で「2番目に売れているゲーム」となるまでの驚異の過程。

本連載では、そんなジェンガと生みの親レスリー・スコットの知られざる物語に迫っていく。

  

世界のスーパーウーマンは、驚くほど普通の人。

桜の季節に“その人”はやってきた。神奈川県にある私立女子校の大ホールに登場したのは、世界中の誰もが知っている世界的ゲーム「ジェンガ」の開発者であり世界のスーパーウーマン、レスリー・スコットその人である。

今回の講演をアレンジしたNPOキーパーソン21代表の朝山あつこ氏は「どんなバリキャリのスーパーウーマンかと思いきや、フレンドリーで自然体のお話しに引き込まれてしまいました」と話す。

レスリー・スコット(撮影:尾関裕士)

成功をおさめた今、レスリーはただ純粋に、彼女が歩いてきた人生や女性としてのキャリアを若い世代に話したかったのだ。大勢の女子中学生の真剣なまなざしに少し緊張しながら、レスリーは柔らかなトーンでゆっくりと語り始めた。

アフリカからスタートしたその物語は、野心満々のバリキャリスーパーウーマンのサクセスストーリーというよりは、自由闊達に自分の本能を信じて行動した、レスリーならではのエピソードがちりばめられていた。

自分の家族を「冒険家」の家系と言うレスリーは、英国人としてアフリカ大陸で生まれ、ルールを重んじる頑固で厳格な英国の血筋と、地平線とともに暮らすアフリカの大地の大らかさ、その2つがミックスされたカルチャーを受け入れながら育った。これは多かれ少なかれ、その後の彼女の人生に大きく影響したようだ。

彼女の生い立ちを映したスライドを見ながら、生徒たちは、ジェンガ誕生の秘密や、世界中の誰もが知るゲームとなった今でも、ジェンガは変わらずジェンガであること、オンリーワンのオリジナルであり続けることの偉大さに気づくことになる。

次ページ人生の目的を明確にできたら迷わずススメ!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。