消費税軽減税率は、低所得者対策にならない

集団的自衛権と軽減税率問題は、独立して考えよ

飲食料品には、軽減税率が適用されるのだろうか(写真は消費税が8%へと増税になった直後のイオン、撮影:今井康一)

自民・公明、「安保」「税制」の重要会議に「同じ顔」

5月27日、自民、公明両党による「安全保障法制整備に関する与党協議会」の初会合が開催された。この与党協議会の座長は高村正彦自民党副総裁、座長代理は北側一雄公明党副代表で、集団的自衛権行使の憲法解釈見直しなどを議論するという。

集団的自衛権そのものは、財政と直接的に関連深いものではない。ただ、この協議会の顔ぶれ、どこかで見たことがあるような……

そういえば、自民、公明両党による「与党税制協議会」である。両氏は与党税制協議会でも重職に就いている。与党税制協議会で目下中心的な議題は、消費税の軽減税率である。

自民党は、集団的自衛権の行使容認を公明党に迫り、公明党は、消費税の軽減税率の早期導入を自民党に迫っている。当然ながら、消費税の軽減税率は、わが国の財政を左右する重要なポイントである。

そもそも、消費税の軽減税率は、与党税制協議会での議論を経て昨年12月12日にまとめられた、与党の「平成26年度税制改正大綱」に、「消費税の軽減税率制度については、「社会保障と税の一体改革」の原点に立って必要な財源を確保しつつ、関係事業者を含む国民の理解を得た上で、税率10%時に導入する。(中略)軽減税率制度の導入に係る詳細な内容について検討し、平成26年12月までに結論を得て、与党税制改正大綱を決定する。」と盛り込まれたことに基づいている。ちなみに、昨年12月24日に閣議決定された政府の「平成26 年度税制改正の大綱」では、この部分は盛り込まれていない。

次ページ与党税制協議会はベールにつつまれているが・・
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ライフ・シフト 実践編

人生100年時代の生き方を説いた、話題の書籍『ライフ・シフト』。書籍に書かれていない日本での実践方法を体験談とともに解説したのが本特集。書き込み式100年人生計画表も掲載。