米国TVの転換期に生まれた記念碑的作品

映画、TV、ネットの特性を生かして大ヒット【後】

 アメリカのドラマのクオリティは、ここ10年で格段にアップしている。地上波をしのぐ勢いで、ケーブル局が質の高いオリジナルドラマを作り、最近ではインターネット配信ドラマも映画並みのクオリティを誇っている。そんなアメリカのドラマを中心に、世界各国の海外ドラマの中から、海外ドラマ・ライターの今祥枝が“大人”のビジネスパーソンに向けて骨太な作品を紹介。話題の新作から過去の秀作まで、独自の視点で斬っていく。週末、自宅で海外ドラマを楽しみながら、グローバルな教養も身に付く!

 

※前編に続く。

イッキ見する視聴者のために全13話を一挙配信

『ハウス・オブ・カード 野望の階段 SEASON1DVD Complete Package 〈デヴィッド・フィンチャー完全監修パッケージ仕様〉』6月4日発売 9333円(税抜)
発売元・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(C)2013 MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved.
 
シーズン2 全13章は、イマジカBSにて6月26日より放送スタート。

『ハウス・オブ・カード』は、ネットフリックスのオリジナルシリーズとして、昨年、アメリカで主要なTV関係の賞レースをにぎわせた。そのことからもクオリティの高さは折り紙付きで、従来の地上波やケーブル局の秀作シリーズに匹敵する高い評価を受けている。

当初、「インターネット配信のドラマはTVドラマなのか、否か」といった論争が起きたことなど、もはやナンセンスとさえ言えるだろう。

実際のところ、アメリカの視聴者にとってドラマをTVで見るか、パソコンやタブレット、スマホで見るかといったことは、もはやさしたる問題ではないのだ。

視聴者が、TVで放送されたドラマを録画でイッキ見、またはオンデマンドで視聴するスタイルが増えていることは、米国ドラマの視聴率のカウント方法の変化を見てもよくわかる。現在はリアルタイムの視聴者数+3日&7日以内のDVR(デジタルビデオレコーダー)再生の数字が含まれるようになった。

だからこそ、ネットフリックスはシーズン1全13話を一挙配信するという方法を取ったのである。これはまさに現代の視聴者のニーズに合ったもので、気がつけば13話、見てしまったという視聴者が続出した。

さらに、ネットフリックスはそれまでのDVDのレンタル・サービスで収集した顧客の視聴動向を徹底的に分析して、どのようなジャンル、どんな主人公がユーザーに求められているか、どれぐらいの視聴者数を見込めるかなどを研究した。こうしたリサーチ結果を反映したうえで、満を持して勝負に出たのが『ハウス・オブ・カード』なのである。

HBOは映画的な作り方を徹底

本作の成功とネットフリックスの台頭は、かつて圧倒的なクオリティで米国ドラマの常識を覆した、高い視聴料を払うペイチャンネルのHBO(『SEX AND THE CITY』『ザ・ソプラノズ』など)が台頭したときのインパクトに似ているかもしれない。

HBOも映画界との強いパイプが最大の売りだが、本作も映画『セブン』のコンビ、デヴィッド・フィンチャーとケヴィン・スペイシーというハリウッドのビッグネームを起用している。エピソード監督にはジョエル・シューマカーなどの大物を起用。シーズン2では、ジョディ・フォスター、本作に出演するロビン・ライトが演出した回もある。

ちなみに、アメリカのTVシリーズでは、ひとりのディレクター、ひとりの脚本家が全話を演出、執筆するということはまずない。映画における作風、ビジョンを決める監督に相当するのはクリエーターかショーランナーである。クリエーターは、企画や原案をディベロップメントさせ、往々にしてパイロット版(シリーズ化された場合は第1話に相当する)の脚本を手掛け、プロデューサーを兼ねることが多い。

プロデューサーも大人数がクレジットされることが普通だが、その中でも実際に現場で指揮を執る製作総指揮(エグゼクティブプロデューサー)のことを、ほかのプロデューサーと区別してショーランナーと呼ぶ。クリエーターがショーランナーとなる場合も多く、彼らが番組のカラーを決めている。『ハウス・オブ・カード』においては、ボー・ウィリモン(脚本・製作総指揮)とデヴィッド・フィンチャー(製作総指揮・エピソード監督)が相当するだろう。

近頃では、HBOで今年1月から放送されて高い評価を得た『True Detective』(2014年~)が、ひとりの監督、ひとりの脚本家が全8話を手掛けるスタイルをとっている。そうすることによってシリーズ全体のカラーや世界観の統一をより密にさせるという、いわば映画的な作り方を徹底させている(過去にも近い例はある)。

次ページ最初から全26話を発注、打ち切りの心配なし
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。