余命わずかの親父、麻薬で築く”愛の遺産”

冴えない化学教師がクスリの密造で変貌する異色作

 アメリカのドラマのクオリティは、ここ10年で格段にアップしている。地上波をしのぐ勢いで、ケーブル局が質の高いオリジナルドラマを作り、最近ではインターネット配信ドラマも映画並みのクオリティを誇っている。そんなアメリカのドラマを中心に、世界各国の海外ドラマの中から、海外ドラマ・ライターの今祥枝が“大人”のビジネスパーソンに向けて骨太な作品を紹介。話題の新作から過去の秀作まで、独自の視点で斬っていく。週末、自宅で海外ドラマを楽しみながら、グローバルな教養も身に付く!

 

妊娠中の妻と障害者の長男を残して、死ぬに死ねない

『ブレイキング・バッド Season1 DVD-BOX』9450円
発売元:デイライト/販売元:ポニーキャニオン
(C)2008 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

日本人が生涯でがんになる確率は2人に1人、3人に1人はがんで亡くなると言われる時代。もし、ある日突然、がんで余命を宣告されたら……!? そんな心配をまったくしたことがないという人は、ほぼ皆無だろう。

第7回は、肺がんで余命わずかと告げられた、50歳の高校教師が主人公の傑作ドラマ『ブレイキング・バッド』を紹介する。

ウォルター・ホワイト(ブライアン・クランストン)は、米ニューメキシコ州アルバカーキにある高校の化学教師。ある日突然、咳き込んで倒れて病院へ運ばれる。診断は肺がんで、余命は2年以内。脳性麻痺の長男ジュニア(RJ・ミッテ)、妊娠中の妻スカイラー(アンナ・ガン)を養う一家の大黒柱として、最大の心配事は自分が死んだ後の家族の生活費だ。治療費でさえままならい絶望的な状況下で、ウォルターは麻薬取締局の捜査官である義弟ハンク(ディーン・ノリス)の仕事ぶりをテレビで目撃し、押収された巨額のドラッグ・マネーに、あることを思いつく。

それは、化学の知識を生かしてドラッグ(メタンフェタミン)を製造し、かつての教え子でドラッグディーラーとして事情に通じるジェシー・ピンクマン(アーロン・ポール)を相棒として、家族に残す現金を調達するというものだった。ひとたび犯罪に手を染めたウォルターの人生は、後戻りできない壮絶なものとなっていく。

家のローンは10年以上も残っている。脳性麻痺の高校生の長男は軽い言語障害があって歩行には松葉杖が必要で、妻は第2子を妊娠中。日々の生活で精いっぱいで、頼りになる貯金なんてあるわけもない。そもそも、高校教師の給与は安く、放課後は洗車場でアルバイトをしながら家計の足しにしている時点で過労である。

余命半年と告げられたウォルター(左)は、身重の妻スカイラー(中央)と脳性麻痺の長男ジュニア(右)におカネを残すため、犯罪に手を染める
次ページ化学の知識を武器に覚醒剤を製造・販売
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。