日経平均大幅続落、1万4033円で終了

米株安とウクライナを警戒、424円安に

 5月7日、日経平均は大幅続落。終値は前週末比424円安の安値引けで、4月15日以来、約3週間ぶりの水準まで下落した。写真は都内の株価ボード(2014年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 7日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は大幅続落。終値は前週末比424円安の安値引けで、4月15日以来、約3週間ぶりの水準まで下落した。国内連休中の米国株が下落したほか、ドル/円が101円台と円高に振れたことも影響した。

東証1部の売買代金は15営業日ぶりに2兆円を上回った。

前週末に発表された4月米雇用統計は予想を上回ったものの、国内連休中の米国株が下落。米金利が低下したことで円高が進むなど市場の期待に反する動きとなり、日本株は朝方から輸出株中心に売られる展開となった。

ウクライナ情勢をめぐる懸念も、短期筋の売り材料にされた。日本株はPERなどのバリュエーション面で割安圏だが「中長期資金の押し目買いが入るのは1万4000円以下。この水準では買い向かう投資家も少ない」(国内証券)との声が出ていたほか、「ヘッジファンドの決算に伴う手仕舞い売りに、ウクライナ情勢を警戒したリスクオフの売りが加わり下げ幅が広がった。地政学リスクが落ち着くまで積極的な買いは入りにくい」(中銀証券・本店営業部次長の中島肇氏)との見方が出ていた。

個別銘柄では、フォスター電機<6794.T>が大幅安。2日に発表した2015年3月期の連結営業利益予想が前期比17.0%減の50億円と、減益を見込んだことが嫌気された。

他方、TOA<6809.T>はしっかり。2日に発表した2015年3月期業績予想で、連結売上高が前期比13.6%増の482億円、連結営業利益が同17.4%増の50億円と2桁増収増益を予想していることが好感された。

東証1部騰落数は、値上がり96銘柄に対し、値下がりが1685銘柄、変わらずが26銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      14033.45 -424.06

寄り付き    14296.25

安値/高値   14033.45─14299.13

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1152.01 -30.47

寄り付き     1171.01

安値/高値    1152.01─1171.3

 

東証出来高(万株) 210737

東証売買代金(億円) 22286.24

 

(河口浩一)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。