2円で刑務所、5億で執行猶予 浜井浩一著

2円で刑務所、5億で執行猶予 浜井浩一著

タイトルの奇抜さが目を引くが、中身は統計の専門家による、犯罪対策と刑事政策(刑罰)に対する問題提起の書。

マスコミ報道に影響され、一般市民の肌で感じる治安=体感治安は悪化しているが、外国人や少年の犯罪は激増していない。殺人は1955年をピークに逓減傾向にあるし、団塊世代の高齢化でむしろ高齢者の犯罪が増えたことなどを、公式統計や独自調査を基に的確に分析している。

体感治安が悪化した結果、刑罰厳重化の意見も多い。が、その副産物として高齢者や貧困者など社会的弱者の受刑者が増え、結局は公的負担の拡大につながりかねないと指摘する。死刑の犯罪抑止効果、貧困と犯罪の相関など、分析は多岐に及ぶ。

光文社新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
親の住まい 子の住まい<br>マンション、戸建て、サ高住…

人生100年時代で住まいの選び方が変わった!実家の片付けも大問題だ。マンションやサ高住のランキングを掲載し、現役世代、リタイア世代の選択肢を紹介。帰省の時期に考えよう。