消費増税後、割安感がなくなった和民

秋まで相場は上がらない?

 なんとなんと、4月2週目は、1103円も下げてしまった日経平均株価。その後は反発に転じたが、個人投資家には、いまのところ「厳しい4月」になっている。カリスマ投資家の内田衛氏はどんな取引をしていたのか。個別では、会心の取引で大きな利益を上げたものもあったが、さすがにこの下げには閉口していたようだ。「株日記」で振り返って見よう。
4月第1週は桜が満開だった。いったんは株式相場も花が咲いたように見えたが、そのあとは、大変なことになってしまった(東京・国立駅周辺で、撮影:尾形文繁)

【3月31日(月)】日経平均は131円高の1万4827円と4日続伸。今日は月末、年度末でドレッシング(お化粧)買いが入ったのか? 消費税増税直前にもかかわらず上昇。私のNISA銘柄の神戸製鋼所(5406)は、本日137円の4円高で、4円は神戸製鋼所の年間配当。

米国経済は、順調に回復しているようだけど……

【4月1日(火)】今日から消費税が17年ぶりに5%から8%へ増税となった。NYダウは134ドル高の1万6457ドルと続伸で、2カ月半ぶりの高値。3月日銀短観(企業短期経済観測調査)の景況感は5期連続改善。

【4月3日(木)】日経平均は125円高の1万5071円と続伸し、終値で1万5000円台を回復。株式相場にも「サクラ咲く」といった感じ。このまま新年度相場は、堅調に行くのか?

【4月4日(金)】米国雇用統計(3月分)によると、前月に比べ19万2000人(非農業部門)増えた。市場予想20万人とほぼ同水準。米国は順調に景気回復しているようだ。日経平均は8円安の1万5063円と小幅安。

【4月5日(土)】午前3時、日経225先物6月限は、220円安の1万4860円と大幅安。NYダウは159ドル安の1万6412ドル。S&P500種は23.68ポイント下がって、1865.09ポイント。週末で利益確定売り? 週間では89ドル(0.5%)高。日経平均も週間では367円(2.5%)高と、新年度相場は堅調なスタート。

次ページ消費増税を待って、優待券をオークションへ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。