女性が一生理解できない、男の原動力

ダメダメ男子中学生を一変させた「任務と権力」

 女と男はなぜすれ違うのか? なぜ話が合わないのか? あの人はいったい何を考えているのか? どうしてあんなことを言ったのか? この連載では、今、職場で起きているリアルな「女と男の探り合い」を、社会心理や生声エピソードなど、さまざまな視点からひもといていきます。

中学生男子が、いきなり「男」の顔になった瞬間

以前、ある国際ロボットコンテストの手伝いをしたときのこと。会場設営の現場には、地元中学生の男子・女子が数名、ボランティアで集まっていました。

中学生といえば、男女の成熟度合いに最も差が出る時期。周囲に気を配りながら粛々と作業をこなせる女子と、終始落ち着きがなく、ちょっとしたヒマができると、すぐにホウキと新聞紙で野球を始めたがる男子。戦力としての差は歴然でした。

会場にいても邪魔になるだけのある男子に、「近くのコンビニで、来場者が脱いだ靴を入れるためのビニール袋を買ってきてくれ」と頼みました。それほど難しいことではありません。

ところが「はぁ……」と不承不承に引き受けた彼は、数分後、手ぶらで戻ってきてひと言、「なかったです」と。そのヌケヌケとした「使えなさ」に、開いた口がふさがりませんでした。

「あのさ~」と言いたくなる気持ちをぐっとこらえ、女子に同じことを頼んだところ、「近くのコンビニにはなかったけど、もう1軒先のコンビニにありました。これでいいですか?」と、実にそつがなく、その仕事ぶりには感動すら覚えました。

融通が利かず、気も利かない幼稚な男子たち。どうにかして、彼らを戦力として使えないかと悩んだ私は、「そうだ!」とひらめきました。「男には任務と権力だ!」と。

そこで、その男子に「君はこれから訪れるお客さんにビニール袋を渡す係だ。その隊長に任命する。周りの男子を率いて、くれぐれも漏れなく、粗相のないように配ってくれ」と、頼みました。

そのときの彼の表情は、いまだに忘れられません。それまで1ミリも頼りがいを感じさせなかった彼が、「そうか、オレが隊長か」とでもいうように、みるみる「働く男の顔」として引き締まっていきます。その後、周りの男子たちにキビキビと指令を出して(ときには「おい、ちゃんとやれよ」としかりながら)、働き出したのです。さきほどとは別の意味で、感動的な光景でした。

次ページ縦社会の中で「言われたことはやり遂げる」男性
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。