米国の頂点に立つシェフ、B級料理を変える

米国ワインの聖地、ナパを有名にした男

有名なシェフがレストラン界やセレブ界に与える影響は決して小さくないが、トーマス・ケラーはそれとは別に、アメリカ人の料理に対する意識にも影響を与えた。それは、プロの料理をわれわれ普通の人間にも少しだけわかるものとして教えてくれようとする、彼のスタンスのおかげだ。

トーマス・ケラーと言えば、今やアメリカで頂点に立つシェフ。1994年にカリフォルニア州のワインの産地、ナパに作ったフレンチ・ランドリーが、その手の込んだ味わいと完璧主義のサービスでたちまち評判になり、何年も先まで予約が取れないレストランと呼ばれるようになった。

米国ワインの聖地、ナパでの成功

米国の頂点に立つシェフ、トーマス・ケラー(同社HPより)http://tkrg.org/showStaff.php?id=50

フランス料理の基本、カリフォルニアの食材、それをアメリカ風の力強さを残しながら、非常に繊細に美しくまとめ上げ、またケラー自身の発明だと思われる新たな味わいがそこに混じる。

そんなフレンチ・ランドリーが評判になったのは、まだナパが今のような人気観光地になる前の話で、いわばこのレストラン自体が食の中心地としてナパを人々に認識させ、大勢の旅行者を世界中から巡礼させるようになったとも言えるだろう。

フレンチ・ランドリーで確固とした成功を収めた後は、もっと気軽なビストロやカジュアルなホームスタイルのレストラン、ベーカリーを同じ地域にオープンし、フレンチ・ランドリーに行けない人々に、ケラーの料理のエッセンスを少しでも味わえる場を提供した。

その後は、ニューヨークとラスベガスにレストランをオープン。ことにニューヨークのタイム・ワーナー・センターにあるパー・セは、フレンチ・ランドリーの味わいを都会風にアレンジしており、味にうるさい世界中のグルメ客らが途切れもなく足を運び続けている。

次ページフライドチキンへの並々ならぬ情熱
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?