「世界一のおもてなし」をする男の”装い”

世界一のサービスマンの称号を持つ日本人

「グローバル社会が進んでいる中、日本人のプレゼン力も問われている。話し方、語学力はもちろんのこと、大型書店では男性の“見た目”に関する本が平積みさ れ、「男は中身で勝負!」「話せばわかる」といった時代は過去のものとなり、言語を超えた表現手段も求められてきている。本連載では、海外ファッション ショーで活躍する美容室から、今、日本人にどのような意識が必要なのかを伝える。」

先日、2020年東京五輪開催が決定しました。みなさまもご存じのように、五輪招致のプレゼンですばらしい効果を発揮したのが、滝川クリステルさんの「お・も・て・な・し」という言葉でした。

「おもてなし」の文化は日本の得意とするところであり、まさにお家芸。さて、この「おもてなし」で2012年世界一になった日本人がいることをご存じですか?

彼の名前は、宮崎辰さん。世界で最も多くの星を獲得しているジョエル・ロブション氏が監修する「ジョエル・ロブション」(東京都・恵比寿)で働く、メートル・ドテルです。メートル・ドテルは、日本では給仕長と訳されることが多く、その仕事はまだあまり知られていませんが、フランスではシェフと同格と言われる存在です。ジョエル・ロブション氏は「世紀最高の料理人」として知られており、彼の作る料理はすばらしいですが、この料理をあますことなく堪能しレストランでの時間を最高のものにするのが、メーテル・ドテルの仕事です。彼が世界一の称号を勝ち得たのは、1961年より続く伝統あるサービス世界コンクール「クープ・ジョルジュ・バティスト」。世界14カ国のコンクールで選出された代表たちが集まり、サービスの腕を競い合います。

前回、「社長顔出し会社は株価が上がる?」の記事で、まず見えなかったものを見えるようにすることが大事という記事を書きましたが、見えるようにした後で意識していただきたいことがあります。今回はそちらをお伝えしていきたいと思います。

世界一のサービスマン

宮崎さんを初めて見たのはNHKの”プロフェッショナル仕事の流儀”(2013年4月1日)の放送でした。番組は、“サービス世界一”として紹介されていた宮崎さんが、ジョエル・ロブションというすばらしい舞台で現場を切り盛りし、接客もする彼の姿を映し出していました。もちろん番組は「おもてなし」にフォーカスを当てられており、どのように来店客にレストランでのよい時間を過ごしてもらうかを真剣に考える彼の姿をまとめていました。

次ページ360度意識できる、美しい男
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。