ガガ様も惚れた、パークハイアットの真摯

変わらないのに新しい? 記者が見た独特の世界観

東京だけでも、星の数ほどあるホテル。どれも大差ないと思ったら、大間違い。一歩足を踏み入れれば、そのホテルにしかない、魅惑のストーリーが展開している。
レジャーとしてのホテルを知れば、より日常が楽しくなるはず――。この連載では、注目のホテルの総支配人を訪ね歩き、知られざるホテルの物語を発掘していく。
創業当時から、宿泊客以外にも人気のレストラン。壁一面の写真でおなじみの41階「ジランドール」の”本場感”は圧巻
新宿駅から少し離れた“隠れ家”的な立地にそびえ立つパークハイアット東京は、独特の雰囲気をまとう気になるホテルだ。
1994年の創業当時にこのホテルを訪れた人は、そのときの衝撃を覚えているはずだ。長い回廊を抜けていった先にあるチェックインスペース。そこにはカウンターに並ぶ人の列はなく、ダウンライトの下、お客がそれぞれのテーブルでゆったりと手続きをしている。レストランの人気は当時からすさまじく、本場アメリカの空気感を再現したかのようなニューヨークグリル、ジランドールには、今もなおセレブやトップエリートたちが集う。
今回の取材で久しぶりに訪れてとにかく驚いたのは、それらが20年前のまま、ほとんど変わっていないということだった。「日々革新」をうたう同じ資本系列のグランドハイアット東京ともまったく違う、パークハイアットの流儀とはーー。フィリップ・ルデサー総支配人に聞いた。

22年前のデザインが新しいワケ

――パークハイアットは、今や外資系ラグジュアリーホテルの中では古参のひとつです。1994年の開業からほぼ20年になりますが、施設やお部屋のデザインが時代遅れになった印象はありません。

客室を拝見しましたが、開業時と同じテーブルがあり、当時は斬新だったはずのガラス張りのバスルームも健在。むしろ当時の先見性に驚きます。それにしてもパークハイアットはなぜ、変わらずに生きていけるのでしょうか。

開業当初から一貫して、ジョン・モーフォード氏がインテリアや照明など、ビル内のすべてをデザインしています。ビル自体は丹下健三氏のデザインですが、彼とコラボレートしてこのホテルは出来上がっています。

モーフォード氏は天才だと思います。今から22年前のデザインですが、時代を超越している。当初から非常に考え抜かれているので、古臭さを感じさせないのです。先代の総支配人も私もみな、モーフォード氏とよく相談しながら、ホテルのデザインコンセプトを保っています。

次ページこの独特の「緑」は、日本だけ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。